11カテゴリー/428機種の家電や機器がAIoTに対応。

2016年4月発売のモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を皮切りに、2020年6月までに洗濯乾燥機、冷蔵庫、テレビなど11カテゴリーで計428機種のAIoT対応商品を発売。既に全国で100万台以上の機器がシャープのクラウド(AIoTプラットフォーム)につながり、毎日家庭の様々なシーンで活躍しています。シャープは今後もAIoTビジネスの拡大に積極的に取り組んでまいります。

※2020年6月時点

AIoT対応スマートライフ家電

AIoT対応スマートライフ家電が提供する6つの新たな価値

1
AIoTクラウドサービスで進化
  • できることやコンテンツが常に改善、追加
  • 利用者が増えるほど、AIが賢く進化する
2
しゃべるだけの簡単操作
  • しゃべるだけで目的の機能を呼び出せる
  • 画面やボタンを何回もタッチしなくてよい
3
覚えなくても機能をフル活用
  • 操作を覚えなくてもAIが最適な機能を推薦・選択
  • 自動運転が賢くなり、おまかせできる
4
時短を実現
  • スマホを使って、いつでもどこでも通知・操作できる
  • 食材、コンテンツなどのサービス連携でさらに便利に
5
全国の家庭の使い方を学んで賢く省エネ
6
消耗品の交換時期をスマホアプリにお知らせ

AIoT家電と連携し、人に寄り添うサービスを提供

シャープは2016年にサービスブランド「COCORO+(ココロプラス)」を発表し、AIoT対応キッチン家電向けの「COCORO KITCHEN」 、AIoT空調機器向けの「COCORO AIR」などの各種サービスをスタートしました。2017年には会員サービスをはじめとする既存のネットサービスを同サービスブランドの下に統合・刷新。そして2019年5月には、各種「COCORO+」サービスを相互連携し、さらに他社のサービスとも連携していく”新スマートホームサービス”として「COCORO HOME」を開始しました。

※「COCORO+(ココロプラス)」ブランドマークは、シャープ株式会社の商標です。「COCORO KITCHEN」、「COCORO AIR」はシャープ株式会社の商標または登録商標です。

「COCORO+(ココロプラス)」とは

Brand