CSR・環境

各地のCSR活動

各地のCSR活動

大阪府立たまがわ高等支援学校にて、出前授業を実施

2年生の授業の様子

3年生の授業の様子

当社では創業者の想いを受け継ぐ社会貢献活動として、特例子会社のシャープ特選工業とともに、障がいのある生徒などに対し、就労について考える機会を提供するキャリア教育出前授業を行っています。
 大阪府立たまがわ高等支援学校では、「自立:社会的自立・職業自立の基礎・基本を学び、就労を通じた積極的な社会参加をする」という同校の校訓の下、各学年に合わせた授業を行っています。このようにキャリア教育出前授業をすべての学年に実施しているケースは多くはありません。

6月19日に1年生63名を対象に「仕事で大切なこと」、9月13日は2年生 60名を対象に「働くということ」、9月27日は3年生57名を対象に「働き続けるということ」について、障がいのあるシャープ特選工業の社員が講師となり、グループワークを含めた授業を行いました。
 授業は、生徒の理解を深めるために表現を簡潔にしたり、ひらがなやイラスト、パワーポイントに動きを出すなどの工夫を行い、また生徒の反応を見ながら授業を進めています。
 生徒さんから「一人で抱え込まず相談することや心の健康で運動することの大切さが分かった」といった感想が寄せられ、先生方からは「1年生、2年生の時にも授業を受けている3年生の生徒は、講師に対して馴染んできており、活き活きとしている」「生徒に合った、良い雰囲気の授業でした。グループワークの場ではお互いの考えや意見を出し合える環境が良かった」と言っていただきました。

これからも生徒が自分自身の将来について考える機会を提供していきます。

  • ※ 障がい者の雇用に特別の配慮をし、雇用される障がい者数や割合が一定の基準を満たすものとして厚生労働省大臣の認定を受けた会社
ページのトップへ戻る