製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2008年5月19日
特 長

1.フルハイビジョンのまま、業界最長の5倍長時間録画に対応

 1) 業界最長の5倍長時間フルハイビジョン録画に対応

ハードディスクに従来機比5倍※1の長時間フルハイビジョン録画が可能となりました。2層(50GB)のブルーレイディスクへのダビングならフルハイビジョンのままで21時間を超える録画※4ができるので、連続ドラマや好みの番組などを1枚のディスクに収める、といった使い方も可能です。

4 ブルーレイディスクへの5倍モードでの録画は、ハードディスクに5倍モードで録画したものをダビングした場合のみ可能。

 2) 番組連動データ、サラウンド音声もそのまま記録する「長時間まる録りハイビジョン」

デジタル放送(映像データ・サラウンド音声データ・番組連動データ)のデータのうち、映像データのみを圧縮効率の高い方式にそのまま変換するMPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーを内蔵。2倍モードや3倍モードでは業界で初めて、番組連動データとサラウンド音声をそのまま記録できます。たとえば、スポーツ番組で、放送と連動して送られてくるスコアや選手別成績などの情報を長時間モードで録画しても省くことなく記録されます。

 3) ブルーレイディスクの残量に合わせて最適な画質で「ハイビジョンジャストダビング」

デジタル放送の画質そのままで記録するDRモードで、ハードディスクに録画したハイビジョン番組をブルーレイディスクの残量に合わせ、自動的に最適な画質に変換(MPEG-4 AVC/H.264に変換)してフルハイビジョンのままダビングできます。10段階の画質から自動設定されますので、ディスクを無駄なく効率的に使用することができます。

 4) デジタル放送の録画制限の新方式「ダビング10」に対応(予定)

デジタル放送の録画制限は、従来の「録画可能」、「1回だけ録画可能」、「録画不可」の3種類に加え、新たに「ダビング10」が追加される予定となっております。

「ダビング10」に対応した番組をハードディスクに録画した場合、BDやDVDへ9回までコピーが可能(10回目はムーブ)です。

2.AQUOSの液晶パネル性能を余すところなく引き出す「AQUOS純モード」

ファミリンク対応の液晶テレビAQUOSとHDMIケーブルで接続した時に、AQUOSの液晶パネル性能を余すところなく引き出し、高画質な映像を出力する「AQUOS純モード」を搭載。録画したハイビジョン番組やBDソフトを、自然のあるがままに、より忠実に再生します。

3.環境に配慮した新機能「エコモード」※5

本体のエコモードスイッチを「入」にすると、待機時の消費電力を約0.3W(従来比約70%削減)に抑える低消費電力の待機モード(エコモード)を搭載。エコモード時はリモコン操作を受け付けませんが予約録画は行われますので、テレビの主電源を切る感覚で、お休み前や旅行前にエコモードにしておくことで、効率的にお使いいただけます。

5 エコモード中は、動作に一部制限があります。

4.液晶テレビAQUOSにベストマッチ「AQUOSファミリンク」

 1) レコーダーもテレビもオーディオも1つで操作できる『ファミリモコン』を付属

レコーダーに加え、液晶テレビAQUOSもAQUOSオーディオも、ファミリモコン1つで操作可能です。

 2) 高速赤外線通信IrSSTM ※6で、手軽に液晶テレビAQUOSの大画面でハイビジョン写真が楽しめる『フォトシステム』を搭載

携帯電話やデジタルカメラの写真をワイヤレスでレコーダーへ転送。手軽に液晶テレビAQUOSの大画面で高画質写真をお楽しみいただけます。

 3)『HDMIケーブルの接続による連携機能』でAQUOSとレコーダーを1つの機器のように操作可

ファミリンクに対応した液晶テレビAQUOSやAQUOSオーディオとHDMIケーブルで接続することで、お互いの機器が連携動作します。たとえば、液晶テレビAQUOSで見ている番組をワンタッチでレコーダーに録画したり、見ている番組(ジャンル)に合わせて、AQUOSオーディオのサウンドモードを自動的に切り換えるなど、リモコン1つで一体感のある操作をお楽しみいただけます。

 4) 金メッキ対応『HDMIケーブル』付属

ケーブル1本で高画質・高音質な映像を映し出し、AQUOSファミリンクが簡単に使いこなせるHDMIケーブル(2m)を付属しています。

IrSSTMは、Infrared Data Association®の商標です。

5.こだわりの高画質化技術

デジタル放送をありのままに高画質録画・再生するため、独自の高画質化技術のデバイスを採用しました。

IP変換LSI … DVDやデジタル放送などの映像を、専用チップで1080pの高画質出力に変換します。

コモンモードフィルタ … HDMI信号波形を最適化し、エラー発生を極限にまで抑えてHDMI端子から高品位な信号を出力します。

金メッキ対応HDMI出力端子 … 高い信頼性と品位を備え、安定した信号を出力します。

6.BDビデオの映画ソフトを映画フィルムのテイストで視聴できる「1080/24p」映像出力対応とマルチチャンネルで楽しめる次世代オーディオ(ビットストリーム音声出力)対応

映画のフィルム映像と同じコマ数の24コマ/秒でBDの映画ソフトは記録されているため、1080/24p入力対応機器と接続することで、BDの映画ソフトの特長を活かした映画フィルム本来のテイストで動きボケの少ない滑らかな映像を楽しむことができます。

また、ブルーレイディスクに収録されているPCM音声を最大7.1chで出力できる他、dts-HD High Resolution Audio、dts-HD Master AudioやDOLBY TRUE HD、DOLBY DIGITAL・PLUS音声を最大7.1chのビットストリーム信号で出力し、次世代オーディオフォーマットのデコードに対応したAVアンプなどとHDMIケーブルで接続すれば大迫力の高音質サウンドを楽しむことができます。

7.見たいシーンが見つけやすい「見どころ28」を新たに搭載

ハードディスクに録画した番組を時間ごとに28等分した小画面で一覧表示。スポーツなど長時間番組の見たいシーンを素早く見つけ出し、そのシーンから見ることができます。

8.最新のニュース番組をワンボタンでチェック「一発ニュース」機能搭載

あらかじめお好みのチャンネルを指定すると、その局の[ニュース・報道]ジャンル番組を自動的に録画します。後から放送されるニュース番組は上書きされ、常に最新のニュース番組が録画されます。再生はリモコンの「ニュース」ボタンを押すだけのワンタッチ操作、いつでも最新情報を手軽にチェックできます。また、ファミリンクに対応した液晶テレビAQUOSとの組み合わせなら、テレビ電源や入力画面の切換も連動し、より快適にお使いいただけます。

9.きれいで見やすい番組表、「高速キーワード検索」搭載など、素早く簡単な録画予約を実現

 1) LCフォントの採用など、きれいで見やすい番組表

番組表は従来機※3に比べ表示範囲をさらに拡大し、文字には液晶ディスプレイ表示用に適した当社独自開発のLCフォントを採用。読みやすさを改善するとともに、番組の解説など、より多くの情報を表示できるようになりました。

 2)「高速キーワード検索」を搭載

録画予約する際の番組検索は、番組ジャンルを利用するジャンル検索に加え、番組名や番組情報のキーワードから検索する「高速キーワード検索」を搭載。検索した結果からもリモコンの決定ボタン一発で簡単に録画予約できます。

 3) 好みに合わせて選択可能、使いやすい電子番組表を搭載

デジタル放送の番組情報は、チャンネルを縦方向、時間を横方向に並べた番組表(図(1))か、新聞のテレビ欄と同じレイアウトで一度に多くのチャンネル(最大9チャンネル)を表示する番組表(図(2))のどちらかでご確認いただけます。お客様のお好みに合わせてどちらかを選択できます。それぞれ一覧性が高く、高速でスクロールできるので目的の番組が探しやすく、素早く快適にお使いいただけます。

10.世界最速※7 電源スタンバイ状態からわずか0.8秒で使える「一発起動」

電源スタンバイ状態から、世界最速の0.8秒で、すぐにハードディスクの録画・再生ができます(一発起動モード時)。また、電源スタンバイ状態からワンボタンで電子番組表やアルバム画面の表示などの操作が可能です。

2008年5月19日現在。当社実測値。0.8秒は電源オン状態になる、またはスタートメニュー/電子番組表が表示されるまでの時間です。接続するモニターや端子によっては時間がかかる場合があります。

11.操作したい機能がわかりやすく表示される「高精細画面表示」搭載

操作の入り口である「スタートメニュー」のほか、他の操作画面もきめ細かな「高精細画面表示」を採用。 
操作したい機能の内容が従来機※3に比べ、すっきりと表示され、より快適に操作できます。 
また、各種設定画面では、表示や操作性を液晶テレビAQUOSに合わせており、操作面でも親和性を高めております。

12.デジタルインターフェイス「i.LINK入出力端子」&「HDMI出力端子」を搭載

【i.LINK入出力端子】

HDV入力対応によりi.LINKケーブルで接続することで、ビデオカメラ(HDV方式)で撮影した映像をハードディスクへダビング。本機で不要な部分を削除するなどの編集をした後で、さらにブルーレイディスクへダビングし、保存することができます。

また、i.LINKケーブルでAQUOSハイビジョンレコーダー※8と接続することで、ハイビジョンレコーダーのハードディスクに録画したデジタル放送の番組をハイビジョンのままブルーレイディスクにダビング(ムーブ)できます。

【HDMI出力端子】

ハイビジョン映像もデジタル信号のままテレビに出力する「HDMI出力端子」を搭載。デジタルハイビジョン番組の映像やサラウンド音声を、ケーブル1本の手軽な接続で楽しめます。

8 2004年2月以降発売のDV-AC32/AC34/ACV32を除く当社製ハイビジョンレコーダー

13.環境面に配慮した設計

1) 幅434mm×奥行343mm×高さ68mm薄型コンパクト設計で省資源化を実現。

2) 約3時間、操作しないと自動的に電源をOFFにする「無操作電源オフ」機能を採用。

3) 全ての基板に無鉛ハンダを使用。

4) 包装材の発泡スチロールを廃止、リサイクル性を高めたパルプモールドを使用。 
外装箱には印刷面積やインクの色数を絞ることでインク使用量を抑えた、「環境CIパッケージ」を採用。

 

仕 様

形名

BD−HDW30

BD−HDW25

BD−HDW22

ハードディスク容※9

1TB(1000GB)

500GB

250GB

録画可能ディスクメディ※10

BD-RE Ver2.1(1層/2層)、BD-R Ver1.1/1.2/LTH(1層/2層)、 DVD-RW/-R(CPRM対応)、DVD-R DL(CPRM対応)

再生可能ディスクメディア

BDビデオ、BD-RE Ver2.1(1層/2層)、BD-R Ver1.1/1.2/LTH (1層/2層)、DVD-RW/-R、DVDビデオ、音楽CD、CD-RW/-R(音楽CDフォーマット)、DVD-RAM※11、DVD+RW/+R(ファイナライズ済)

記録圧縮方式

(ハードディスク)

映像

MPEG2、MPEG-4 AVC/H.264

音声

MPEG2 AAC、MPEG1-L2

記録圧縮方式
(BD−RE/−R)

映像

MPEG2、MPEG-4 AVC/H.264

音声

MPEG2 AAC、MPEG1-L2

記録圧縮方式
(DVD−RW/−R)

映像

MPEG2

音声

ドルビーデジタル(2ch)、リニアPCM(2ch)

※12

ハードディス

録画時間

H.264長時間 
録画(5倍)

約450時間

約220時間

約110時間

地上デジタル放送 
HD録画(DR)

約127時間

約63時間

約31時間

BSデジタル放送

HD録画(DR)

約90時間

約44時間

約22時間

標準テレビ画質

SXP

約146時間

約73時間

約36時間

XP

約194時間

約96時間

約48時間

SP

約350時間

約174時間

約87時間

LP

約701時間

約348時間

約174時間

EP

約1316時間

約653時間

約326時間

MN01

約1403時間

約696時間

約348時間

マニュアル

MN68(SXP相当)〜MN01の範囲内の20段階から選択可能

 ※12

BD録画時間

(25GB時)

H.264長時間 
録画(5倍)

約10時間50分

地上デジタル放送 
HD録画(DR)

約3時間

BSデジタル放送 
HD録画(DR)

約2時間10分

デジタル放送 
SD録画(DR)

約4時間20分

 ※12

BD録画時間

(50GB時)

H.264長時間 
録画(5倍)

約21時間40分

地上デジタル放送 
HD録画(DR)

約6時間

BSデジタル放送 
HD録画(DR)

約4時間20分

デジタル放送 
SD録画(DR)

約8時間40分

 12

DVD録画時間

(4.7GB時)

VRフォーマット

1〜8時間(XP、SP、LP、EP、MN65〜MN01)

ビデオフォーマッ

1〜8時間(XP、SP、LP、EP、MN65〜MN01)

ダビング速度(ハイビジョン)

ハードディスク⇒BD:最大約20倍速※13

映像DAC

12bit / 148.5MHz

接続端子

入力

映像

2系統

S映像

2系統

音声

2系統

写真入力

1系統(USB(マスストレージクラス)準拠)

アンテナ

地上デジタル・地上アナログ、BS・110度CSデジタル:各1系統

出力

映像

1系統

S映像

1系統

D映像

1系統(D1/D2/D3)

HDMI

1系統

音声

2系統

デジタル音声

光:1系統、同軸:1系統

アンテナ

地上デジタル・地上アナログ、BS・110度CSデジタル:各1系統

入出力

i.LINK 
(HDV入力/TS)

2系統

LAN

1系統(100BASE-TX/10BASE-T)

電話回線

1系統(モデム通信速度:56kbps)

外形寸法 W×D×H (突起部除く)

434×343×68 mm

本体質

約5.4kg

約5.3kg

約5.2kg

電源電圧

AC100V 50/60Hz

消費電力(待機時消費電力)

48W(1.0W)

44W(0.9W)

43W(0.9W)

*BS・110度CSデジタルアンテナ電源供給切・本体時計表示切・一発起動切時

9 1TB=1000GB。ハードディスクの容量は1GB=10億バイトで計算しています。

10 テレビ番組などを直接BD、DVDに録画することはできません。一旦ハードディスクに録画したあと、BD、DVDディスクへダビング(ムーブ)してください。

11 DVD−RAMディスクは、再生時ディスクをカートリッジから外してご使用ください。

12 録画時間は目安です。実際の録画時間や、画面に表示される残時間表示とは一致しない場合があります。

13 ハードディスクに5倍モードで録画した地上デジタル放送の1時間番組をBD-R Ver1.2/4X(25GB)ディスクに高速ダビングした場合の最短時間から算出したものです。BDディスクからハードディスクへのダビングはできません。

Blu-ray Discおよびロゴは商標です。

i.LINKは、商標です。

HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing,LLCの商標または登録商標です。

JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは、米国およびその他の国における米国Sun Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。

 


←先頭のページへ戻る

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> 「AQUOSブルーレイ」3機種を発売 ・詳細ページ