製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース
英語版はこちら

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2009年9月29日

次世代AQUOS誕生

LED AQUOS” LXシリーズ 4機種を発売

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LED AQUOS 【左側】[上段]<LC-40LX1> [下段]<LC-60LX1> 【右側】[上段]<LC-46LX1> [下段]<LC-52LX1>

シャープは、2010年にAQUOS発売10年目を迎えますが、これに先がけ新開発の液晶パネルとLEDバックライトシステムを搭載した液晶テレビ「LED AQUOS」LXシリーズ4機種(60V/52V/46V/40V型※1)を11月10日より順次発売します。

LXシリーズは新開発の「UV2A※2技術」によって「輝く白色」と「沈み込んだ黒色」を両立した新液晶パネルと、高精度の発光制御が可能なLEDバックライトとの組み合わせにより、一層の高画質を実現しました。 
 加えて、この新液晶パネルとLEDバックライトの組み合わせで高い省エネ性能を発揮し、当機は業界No.1※3の低消費電力も同時に実現しています。

当機は、独自に開発した高精度で高速な画像処理LSI「AQUOS高画質マスターエンジン」により、デジタル画像処理性能をさらに進化させました。また、視聴環境やコンテンツに連動するだけでなく、視聴される方が最も好ましく感じる画質や音質に自動で調整する新機能「好画質センサー」を搭載しました。加えて、周辺機器との連携機能を一層便利にした「AQUOSファミリンク」を新たに採用し、テレビを視聴しながら簡単に周辺機器の操作が行えます。

「LED AQUOS」は、長年にわたり培ってきた液晶とLEDの技術、ノウハウを融合させ、デバイスから商品まで一貫して開発・生産する垂直統合型のものづくりにより、生まれた商品です。当社は、2001年1月にAQUOSを「21世紀のテレビ」として発売し、以降フラットテレビの最高峰を常に目指してまいりました。今後、当社は「LED AQUOS」をグローバルに展開し、新しいテレビライフを提案してまいります。

品名

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

愛称

形名

LC-60LX1

LC-52LX1

LC-46LX1

LC-40LX1

画素数(水平×垂直)

フルハイビジョン(1,920×1,080)

希望小売価格

オープン

発売日

11月25日

11月10日

当初月産台数

30,000台(シリーズ計)

主な特長

1.  次世代液晶パネルとLEDバックライトが実現する高画質(テレビコントラスト※4200万:1)

2.  業界No.1の低消費電力を実現(前衛機種[GXシリーズ]比30%以上削減)

3.  進化した「AQUOS高画質マスターエンジン」と、ユーザーの好みに自動調整する「好画質センサー」

4.  低振動ウーハー「Duo Bass」搭載の「ARSS」6スピーカーシステム(60V/52V/46V型)

5.  「AQUOSファミリンク」による進化した連携機能で、AVライフがより快適に

1  テレビのV型とは、有効画面の対角寸法を基準とした大きさの目安です。

2  Ultraviolet induced multi-domain Vertical Alignmentの略。

3  2009年9月29日現在。LXシリーズは省エネ法対象外ですが、省エネ法に準拠して、AVポジション「標準」を標準状態として年間消費電力量を測定、比較しています。

4  テレビセットとして表現できるコントラスト。(全白信号での画面最大輝度と全黒信号での画面最小輝度の比) 
AVポジション「ダイナミック」時。

LED AQUOSに関する情報は当社ホームページ「製品情報」を
ご覧ください。
http://www.sharp.co.jp/aquos/

詳細はこちら→

<“LED AQUOS” LXシリーズ 発表会レポート>
http://www.sharp.co.jp/report/aquos_lx/index.html

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> “LED AQUOS” LXシリーズ 4機種を発売