製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース
英語版はこちら

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2010年5月12日

3D映像を身近にするキーデバイス

業界初※1ハイビジョンの立体映像が撮影できる
モバイル機器向け3Dカメラモジュールを開発

ハイビジョン対応 モバイル機器向け3Dカメラモジュール

シャープは、高画質なハイビジョン(720P※2)の立体映像(3D)が撮影できる、モバイル機器向け3Dカメラモジュールを、業界で初めて開発しました。7月にサンプル出荷を行い、量産を本年中に開始いたします。

3D映像は、右眼用と左眼用の映像を2台のカメラで同時に撮影し、1つの映像に合成します。このため、3Dカメラは、2台のカメラ間の色調整や位置ずれ補正などの画像処理を行う周辺回路が必要となり、小型・軽量化や開発の短縮が求められていました。

今回、当社が開発した3Dカメラモジュールは、左右2つのカメラが出力する映像に対して、色・明るさを調整する「カラーシンクロ処理」、映像信号のタイミングを同期化する「タイミングシンクロ処理」、位置ずれを調整する「光軸調整処理」の機能を搭載しました。また、イメージセンサーから信号を迅速に読み取る高速読出技術により、高画質なハイビジョンモードによる立体映像の撮影を可能としました。さらに、カメラモジュールの開発で当社が長年培ってきた高密度実装技術により、コンパクトな形状を実現。デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンなどモバイル機器への搭載により、革新的なコミュニケーションツールの実現に貢献いたします。

シャープは、中小型3D液晶ディスプレイ、大型3D液晶ディスプレイなどの表示技術にくわえ、入力デバイスである3Dカメラモジュール技術により、新たな3D市場を創出してまいります。

※1  2010年5月12日現在。モバイル機器向けカメラモジュールにおいて。

※2  有効走査線720本、プログレッシブスキャン方式の映像。画素数は1280×720。

<モバイル機器向け3Dカメラモジュールを開発 発表会レポート>
http://www.sharp.co.jp/report/3d-camera/index.html

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> 業界初ハイビジョンの立体映像が撮影できるモバイル機器向け3Dカメラモジュールを開発