製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2012年4月16日

1996年12月〜2001年3月製造の弊社冷凍冷蔵庫を
安全にお使い頂くための無料点検、及び部品(始動リレー)交換のお知らせ

 弊社が1996年12月から2001年3月までに製造した一部の冷凍冷蔵庫について、始動リレー(起動用電気部品)の発熱故障に関する無料点検と部品交換を、2011年5月30日より弊社ホームページにてご案内し、対応を進めてまいりました。しかし、誠に遺憾ながら、2012年1月に、始動リレーの発熱故障が原因と推定される発火事故(壁床の一部焼損)が1件発生しました。
 人的被害には至りませんでしたが、今回の発火事故の発生を重く受け止め、お客様に安全にお使い頂くため、4月17日(火)に新聞にて告知することと致しました。また、専用フリーダイヤルにてお客様からのお申し出を受け付け、無料点検と部品交換を行います。
 ご愛顧頂いていますお客様に多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


1.品名:
冷凍冷蔵庫
2.対象機種:22機種(1996年12月〜2001年3月製造)  737,080台
〔機種名の ( )内は、色調コードを表します〕
シャープ
SJ-E30B(-W)
SJ-E30B(-C)
SJ-E30B(-H)
対象製造番号10010001〜10019910
20010001〜20059210
30010001〜30031480
対象製造
番号の
もののみ
対象
SJ-23B (-H) SJ-EX447 (-H) SJ-W359D (-C/-H) SJ-WE44A (-H/-G) 全数対象
SJ-23D (-C/-R) SJ-S407 (-H) SJ-W35A (-H/-G) SJ-WH350 (-C)
SJ-350JB (-H) SJ-V35WB (-H) SJ-W35B (-H/-G) SJ-WH380 (-C)
SJ-E35KC (-H) SJ-V35WC (-H) SJ-WA35C (-C/-H) SJ-WJ440 (-H)
SJ-EX357 (-H) SJ-W358D (-H/-G) SJ-WE38A (-H/-G) SJ-WS350 (-H)
無印良品 SJ-R35C
3.事故内容と原因
2012年1月、兵庫県で弊社製の冷凍冷蔵庫(SJ-E30B)が発火し、壁床の一部が焼損する事故が発生しました。これは、SJ-E30Bに使用の始動リレーが、部品のばらつきや使用環境により発熱故障したものであり、焼損する過程においてドレンホースに着火し、冷蔵庫本体に発火拡大した可能性があると考えております。(始動リレー及びドレンホースは、冷蔵庫背面下部の機械室の中にあります。)
SJ-E30B以外の機種については、発火の経路と推定されるドレンホースはありませんが、実施中の無料点検を促進するために対象機種に含めています。
除霜水をドレンパンに排水するホース
4.社告に至った経緯
今回の発火事故を除き、上述対象機種の発煙事故が25件発生しております。しかし、いずれも始動リレーの発煙のみであり、万一発熱故障しても発火拡大しない構造となっていることから、弊社ホームページにてご案内し、点検を進めてまいりました。
今回、初めて発火事故が発生したことを重く受け止め、より広くお客様への周知が必要と判断し、新聞紙面にて告知することと致しました。
5.お客様への対応
4月17日(火)の新聞紙面にて告知し、専用フリーダイヤルにてお客様からのお申し出を受け付け、無料点検と部品交換を行います。
6.無料点検と部品交換の概要
点検の上、始動リレーを交換致します。点検及び部品交換に要する時間は、30〜40分を予定しております。
7.点検のお申し出窓口:
フリーダイヤル(無料):0120-404-511
受付時間:月〜土曜日 午前9時〜午後6時
日曜・祝日 午前9時〜午後5時
インターネットによるお申し込みは、こちら
8.機種名および製造番号の確認方法
機種名および製造番号は、冷蔵室ドア内側に貼付の品質表示銘板にて確認をお願い致します。

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース > 1996年12月〜2001年3月製造の弊社冷凍冷蔵庫を安全にお使い頂くための無料点検、及び部品(始動リレー)交換のお知らせ