採用情報

  • 新卒採用/第二新卒
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • インターンシップ

社員紹介

青山(あおやま) 康之祐(こうのすけ)

シャープのレーザーを通じて
エポックメイキングな製品を
世界に提供する

  • シャープ福山レーザー株式会社
  • 技術系 [デバイス技術]
  • 2018年入社
  • 工学研究科 電子工学専攻 了

仕事内容

シャープのレーザー事業部はその名の通り半導体レーザーの製造・開発を行っています。レーザーという言葉を聞く機会はありますが、そのレーザーはいったいどこで使われているか想像できますか? もしかするとレーザーポインターくらいしかすぐには思いつかないかもしれません。レーザーと聞くと近代的なすごそうなデバイスという印象を持つのではないかと思うのですが、実際に多くの先進的な分野で使われています。たとえば最近少しずつ普及を始めている3Dプリンターはレーザーを使って造形しています。アドバンスドリアリティ/ヴァーチャルリアリティ (AR/VR) ディスプレイにも光源として使用されているものがありますし、自動車などの自動運転で使用するLiDARはレーザーを使ったレーダーです。このようにレーザーは多方面の応用分野を持っていて、それゆえにまったく違う仕様が要望され、それらに応えるべくデバイスのラインナップ拡大や性能改善を図っています。また、レーザーは新しい技術で使用されることが多いことから新製品の共同開発の機会をいただくことも多いです。そのため共同開発を通して最新技術に触れることで、新たな知識の習得や市場動向を把握する機会に恵まれています。

やりがい

現在従事している開発業務は、光学設計、冷却設計、電気・電子回路設計、CAD図面作成、プログラミングと1つの業務を遂行するために幅広いスキルが要求されます。学生時代に培ったもの、入社後に習得したものを存分に活用して競合他社の先に行くべく開発に取り組む様子はスポーツに似た競技性があり、爽快感や達成感のようなものを感じます。

入社してからの経験

入社後最初に配属された事業は高出力赤外半導体レーザーの開発でした。この事業は私の入社年度から開始した新しいもので先輩社員と一緒に立ち上げを行いました。試作品の製造と評価のサイクルが無事確立された頃、別部門で新たに高出力青色半導体レーザーの開発が始まり、そこで前業務の知見を活かして試作品の評価サイクルを再度構築するために異動がありました。評価設備の設計を手掛けるという業務を担当したことで評価方法に精通したこともあり、現在は試作品を評価・解析し検討にフィードバックする業務を担っています。このように、私の場合入社当初の業務がだんだんと広がるように移り変わっており、過去の経験がそのままスキルとなって現在の業務に活かされています。

One day time-line (ある1日のスケジュール)

9:00 出社。
グループミーティング 自分とグループのToDoリストを確認。今日は営業資料に掲載するための実験をします。
10:30 光学実験系構築 光学素子を組み合わせて光学実験系を作ります。
12:30 昼食。
13:30 構築した実験系で測定 必ず不測の事態が起こりますが織り込み済みです。
15:00 実験データの解析 無事、予定していたデータが取れたのでグラフ化して内容をまとめます。
16:00 資料作成 資料を作成し、内容を最終確認。
17:00 メール確認や事務処理 定時間際です。メールボックスに爆弾が届いていないことを祈ります。
17:45 退社。

入社動機

レーザー技術を活かせる会社に

昔から実験・研究が好きで、高校生の時には四葉のクローバーについて、大学ではプラズマについて、大学院ではレーザーについて、とテーマを転々と変えながら研究活動を行ってきました。どの分野もおもしろかったのですが、特にレーザー技術が今後盛り上がると感じてレーザーに関わる企業を探しました。なぜ数あるレーザー技術を持つ企業の中でシャープを選んだかというと、シャープのレーザー技術は一般的な「赤色~赤外」のレーザーに加えて「青~緑色」の製作技術を持っている世界でも数少ない企業だからです。レーザーは波長ごとに応用分野が分かれているので、幅広い波長のレーザーを作れるということは色々な分野に参入できるということを意味しています。また、「赤・青・緑」つまり光の三原色のレーザーを持っている企業は世界でシャープだけです。シャープのレーザー事業部はこの独自の武器によりレーザープロジェクターやアドバンスドリアリティ/ヴァーチャルリアリティ (AR/VR) ディスプレイといった新しい映像分野の第一線で活躍しています。そんなシャープの動向と私の新しい物好きなきらいが合致し、シャープレーザー事業部の門をたたきました。

オフタイム

気の向くままツーリング

入社時に東北地方から一気に広島県に飛んできました。東北は雪が積もっている期間が長かったため断念していたのですが、広島県はほぼ雪も降らないということでバイクを購入して一人でツーリングを楽しんでいます。先日、天気が良かったので厳島神社に行きました。気の向くままに出かけるのもよいと思いますが、事前に情報収集や計画を立てたりするのも重要ですね…。

学生の皆さんへメッセージ

市場の成長性も見極めて

仕事を選ぶ際には興味ややりがいも大事ではありますが、事業がターゲットにしている市場の成長性を見極めることも1つの重要な指針だと思います。市場が小さいままですと資金調達が難しくなり、開発費や人件費も増やしづらいため研究・開発速度が落ちてしまいます。創意工夫で乗り越えるということもおもしろいのですが、それが慢性化してしまうとやはりつらいです。ちなみに、これからのレーザー市場の成長はきっと著しいですよ。

一覧に戻る