採用情報

  • 新卒採用/第二新卒
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • インターンシップ

社員紹介

濵田(はまだ) 萌永(もえ)

技術と想いがつまった
商品の魅力を
責任もって伝え、
より多くの方々の
暮らしをサポートする

  • Smart Appliances & Solutions事業本部
  • ビジネス系 [国内営業]
  • 2019年入社
  • 外国語学部 英語学科 卒

仕事内容

数あるシャープの家電商品の中で、私の所属しているスモールアプライアンス事業部では、調理、掃除機、理美容、電話機、電卓、電子辞書を扱っています。中でも、私の役割は、事業部の営業担当として調理、掃除機、理美容商品を担当エリアや企業様にご提案し、ご販売いただくことで自社とお取引先様相互の利益を拡大することです。具体的な業務内容は、販売会社 (シャープマーケティングジャパン株式会社) の担当者と共に、お取引先様に対して商品や販売施策をご提案することに加え、販売会社の営業担当に店頭で積極的に商品を勧めてもらえるよう定期的に勉強会も実施しています。また、商談等の営業活動をしていく中で得た、商品の改善案を技術部や商品企画部につなぎ、次期商品開発に活かすことも重要な仕事で、「ものづくり」に深く関わることのできる営業と言えると思います。

やりがい

日々の行動1つ1つの積み重ねが、予算達成や実売数アップといった目に見える結果となって現れ、事業部、販売会社、お取引先様すべての利益向上に貢献できることが、大きなモチベーションにつながっています。また、1年目から担当を持たせてもらえたり、業務の改善案を受け入れ、実行させてもらえるなど、年次に関係なく活躍のチャンスが広がっていることも、向上心を持って業務に取り組める理由の1つです。数字で表すとほんのわずかなものかもしれませんが、自分自身の成長が会社の利益につながっているという点を忘れず、今後も仕事に励んでいきたいです。

入社してからの経験

新入社員研修後、現在の部署に配属されました。最初の半年間は、カタログを読んで商品知識を増やしたり、上司の商談に同行し、商談の進め方を学びました。1年目の秋以降は、予算を持ち、担当エリアや企業様に対して商品や販促施策のご提案、商品勉強会などを行っています。担当を任された当初は、意気揚々と業務に取り組んでいたものの、空回りしてばかりで、販売会社とうまく連携できず、売上見込みの計算に何時間も掛かったり、数か月先を見越したPSI (Production:生産、Sales:販売、Inventory:在庫) 管理に大苦戦。そんな時、上司から「商品だけでなく、自分を売り込む努力と工夫が必要」というアドバイスをもらい、自分本位な営業をしていたことに気付かされました。それからは、些細な会話から得た「同じ商品でもAの販路では、赤色がよく売れるが、Bの販路では、白色の方が好まれる」といった情報も逃さず記録し、相手が今本当に必要としていることに全力で耳を傾け、最適なご提案ができるよう意識しました。その結果、担当者との連携が深まり、以前より円滑に業務を進めることができるようになりました。

One day time-line (ある1日のスケジュール)

9:00 出社。
9:05 朝礼後、メールを確認。手帳に1日の業務予定を書き出し、優先順位をつける。
9:30 定例ミーティング 東京チームとTeleOfficeをつなぎ、販売実績や金額シェア等の確認。
11:00 メール返信 商品の機能や、着荷日程、価格条件等さまざまなお問合せに対応。
11:30 昼休み コンビニや食堂に行きます。
12:30 問い合わせ対応 店舗担当セールスからいただいた質問に対し、分からないことは上司や関係部署に確認をとる。
13:00 現状の数字を見つつ、月末の売り上げ見込み案を作成。
担当先に状況確認し、必要に応じて計画達成に向けた取り組み案を検討。
15:30 POP案の確認 次月以降に発売される商品の店頭展示を確認し、営業視点での修正案をお伝え。
16:00 商談資料作成 提案内容を上司に相談。調理商品は、実演を行うこともあるので、メニューや買い物リストもあわせて作成。
17:45 退社。

入社動機

独自の技術力が詰まった商品を自信を持ってお客様に勧める営業職を目指して

学生時代のイベント運営やアルバイトの経験から、自分自身の言葉や行動で商品の魅力を伝え、お客様の気持ちを動かす営業職に興味を持っていました。

中でも、「国内外問わず自信を持ってお客様に勧められる商品の営業がしたい」と考えていた為、独自の技術力が詰まった商品を扱っているメーカーを中心に就職活動を進めていたところ、自宅のテレビやエアコンといった日々の暮らしを支える家電にシャープ製品が多いことに気づきました。さらに、企業研究をしていく中で、AIoTや8Kなどの先進的なビジョンに惹かれたことから、入社を決意しました。

オフタイム

カフェや洋食屋さんに同期とお出かけ

休日は、映画を観たりカフェや喫茶店でぼーっとして過ごすことが好きです。会社の同期と飲みに行くことも多く、さまざまな部門で活躍している話を聞き、刺激を受けます。また、今まで関西=修学旅行先という感覚だったので大阪、京都、奈良の名所に電車で行けることに感動していて、いまだに通天閣が見えるとカメラを向けてしまいます (笑)

学生の皆さんへメッセージ

自分自身について深く知ることのできるチャンス

一日の間に複数の面接をこなしたり、授業や卒論との両立など、大変なことも多いと思いますが、さまざまな企業で働いている方から、直接話が聞ける機会を得られるのは、就活生の特権だと思います。また、「自分は何が好きで、どんな人物なのか、今後なにをしていきたいか」など、自分自身について深く知ることのできるチャンスでもあるので、是非楽しく、前向きに取り組んでみてください。(無理はしすぎず!)

一覧に戻る