採用情報

  • 新卒採用/第二新卒
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • インターンシップ

社員紹介

正しく、わかりやすく、情報を開示する。

平井(ひらい) 聖子(せいこ)

  • 管理本部 経理部
  • ビジネス系 [経理]
  • 2011年入社
  • 経済学部 経済学科 卒

多くの経理関係者と、社会との橋渡しに。

学生の頃から経理や税務の勉強をしてきた私は、将来は電機メーカーで働きたいと考えていました。なぜ電機メーカーかというと、事業規模が大きいため、本社や営業所だけでなく、さまざまな工場があり、製品の原価計算など幅広い業務に携わることができるからです。中でもシャープは、慣れ親しんだ製品があることからも、私にとって身近な存在であり、信頼できる真面目なイメージがありました。

シャープでは、多くの方が経理業務に携わっており、収支を管理する人や、税務処理を担当する人など、経理の仕事も細かく分業されています。その多くの人たちによって、企業活動を継続できるように支えられていると考えています。私の仕事は、そんな皆さんがつくった資料を受け取り、最終的に株主や投資家の皆様に向けて発表する「決算短信」や「有価証券報告書」をまとめ上げること。会社と社会との橋渡し的な役目であり、社会に向けて情報を発信する最後の砦のような仕事だと考えています。

限られた時間の中で、責任ある丁寧な仕事を。

四半期ごとに決算情報を作成・開示するため、3か月おきに業務が集中する時期があります。連結対象子会社や関連会社といった国内外の多くの拠点からさまざまな数字が集まり、それらを一般の投資家の方々にもわかりやすいように、決算情報を仕上げていきます。数字だけではなく、文章の言いまわしなどにも細やかな配慮が必要なため、何度も校正を行います。こうした業務を、限られた時間の中でやり遂げられるように、事前にしっかりと準備を整えておくことを心がけています。

また、会計基準は頻繁に改正されるため、その都度、対応しなければなりません。改正された基準が自社に適用されるのか、判断が難しいケースも多いのですが、社内での協議に加えて、監査法人の会計士の方々にも相談させていただきながら、1つひとつ解決しています。

もっと経験を積み、海外拠点で働きたい。

シャープは、自分からどういう仕事をしたいかをアピールする人に対して、積極的にチャンスを与えてくれる会社だと思います。また、海外にも多くの連結対象子会社があるため、海外拠点の経理として現地に駐在するチャンスがあることも、魅力の1つです。これからさまざまな経験を積み、いつか海外拠点での経理を任せてもらえるようになりたいと願っています。

わたしの [志]

正確性

経理業務に携わる多くの方が作成した資料を間違いなく確認し、それを正しく情報開示する。社会に向けて情報を発表するという最後の役割を担うため、徹底した正確さが求められます。有価証券報告書は、かたちとしてずっと残り続けるものなので、その分責任もありますが、そこに大きなやりがいを感じています。

一覧に戻る