採用情報

  • 新卒採用/第二新卒
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • インターンシップ

社員紹介

川頭(かわがしら) 弘幸(ひろゆき)

家電製品から、玄関ドアまで。
アプリケーションの開発で、
あらゆるものをインターネットに
つなげるIoTソリューションを提供

  • シャープ福山セミコンダクター株式会社
  • 技術系 [ソフトウェア技術]
  • 2011年入社
  • 電気情報工学科 卒

仕事内容

パソコンやプリンターのようなIT製品だけでなく、テレビや冷蔵庫といった家電製品など、あらゆるものがインターネットとつながる「IoT」の時代が、今まさに訪れようとしています。私は、シャープ福山株式会社セミコンダクター事業部に所属しており、ソフトウェアの開発者として、IoTの発展に力を尽くしています。
私が担当する業務のひとつとして、Androidアプリの開発があります。センサを使って収集した情報を、クラウドを介していつでも携帯端末で見ることができるようにすることが、大きな目標です。今はセミコンダクター事業部のセンサラインナップを紹介するための各種デモ用アプリケーションや、実際にIoTソリューションに利用する製品版アプリケーションの開発を進めているところです。 もうひとつ、Z-Waveという無線の通信規格を用いたホームセキュリティセンサに搭載するソフトウェアの開発も担当しています。直近では、玄関ドアの鍵の開閉を定期的に検知するセンサに使われるソフトウェアの開発を行いました。協業先と協力しながら、このセンサを活用したIoTソリューションをクラウドファンディングに出展する事業にも携わりました。

やりがい

ひとりの技術者として、先端技術や新しい分野の技術をどんどん学び、かたちにしていくことは、大きなやりがいになっています。しかし、それ以上に自分を突き動かすモチベーションの源となっているのは、自分の仕事を目の前で喜んでくれる人がいることです。
それをより強く実感するようになったのは、デモンストレーション用のアプリケーションの開発業務に携わるようになってから。お客様のフィードバックを聞いて、試作品やアップデートに落とし込み、またお客様のフィードバックを聞く。その繰り返しで、少しずつ製品を仕上げ、お客様の期待以上のものをつくれたとき、喜びの声を聞いたときは、これ以上ない達成感を味わうことができます。

入社してからの経験

研修が終わり、現セミコンダクター事業部に配属されたころは、無線機器の量産立ち上げに携わり、量産化プロセスの進め方について学んでいました。その後、元々興味のあったソフトウェア開発業務に転向させていただくこととなり、上司のサポートを受けながら、新製品に搭載するソフトウェアの開発、そして製品版のリリースまでを経験しました。それからも勉強を続け、だんだんとひとりでも仕事を成し遂げていくことができ、今ではAndroidアプリの開発に携わるなど、技術の幅がどんどん広がっているのを感じています。これからも勉強を続け、IoTソリューションの収益化に貢献していきたい、そして新しい価値を生み出していきたいと思っています。

One day time-line (ある1日のスケジュール)

8:50 出社。寮に住んでいるので、徒歩5分くらい。
9:00 朝礼後、メールの確認。一日のタスクをリストにまとめる。
10:00 優先度の高い仕事から取り組む。
12:00 昼食。食堂で食べられる方が多いですが、自分は寮で食べています。
13:00 週次ミーティング。業務進捗と計画をグループ内で共有する。
14:00 ミーティングをもとに、タスクリストを更新。
17:00 一日の業務内容をレビュー。見直しや、課題点の抽出など。
17:45 終業。

入社動機

インターンシップで感じた、“挑戦”の姿勢

入社の決め手となったのは、1か月のインターンシップで感じた、シャープの社風。オンリーワンの技術をどんどん開拓していこう、という企業としての姿勢が、職場の雰囲気に現れていて、社員もみんないきいきと働いているように感じました。ここでなら、今までにはない新しい技術の開発に携わることができる。そんな期待を抱いて入社を決めました。
実際、学生時代には携わってこなかった分野や情報、知識にふれて、自分がどんどん磨かれていくことを感じています。独創性のあるものづくりに、ひとりの技術者として、そしてシャープの一員として、挑戦を続けていきたいと思います。

オフタイム

先輩からの誘いではじめたフットサルに夢中

週2~4でフットサルをしています。もともとサッカー観戦が趣味ではあったのですが、たまたま先輩から誘ってもらったことをきっかけに、今では複数のチームに参加し、汗を流しています。また、同期と旅行に行く機会も多いです。よく東南アジアに出かけ、日本では経験できない現地の文化や価値観、そしてローカルフードにふれて刺激をもらっています。

学生の皆さんへメッセージ

可能性が無限に広がる分野で、一緒に挑戦しよう

今、シャープはIoTの会社として大きく生まれ変わろうとしています。今のところ、世間からは「IoTって結局何なの?」と思われているかもしれません。自分たちも、その答えを必死に探しているところです。逆にいえば、可能性は無限に広がっている分野なのです。このチャンスをつかみ取ってやろう、というマインドを持った人と働きたいと思っています。

一覧に戻る