採用情報

  • 新卒採用/第二新卒
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • インターンシップ

社員紹介

山田(やまだ) 美穂(みほ)

光の反射を抑えるフィルムの
新たな活用方法を見出すために、
提案から実験まで
責任感を持って取り組む

  • シャープディスプレイテクノロジー株式会社
  • 技術系 [表示 (ディスプレイ) 技術]
  • 2012年入社
  • 工学府 物理情報工学専攻 了

仕事内容

眼には見えない、数百ナノの凹凸構造を持つフィルム。それが「ナノインプリントフィルム」です。光の反射を大幅に低減し、表面反射や映り込みを抑えるこのフィルムは、ディスプレイやデジタルサイネージの分野で注目を集めています。シャープはこのナノインプリントフィルムの量産において、高い技術力を有しています。私は、このナノインプリントフィルムのさらなる活用方法、新規用途の開発を担当しています。
開発と一言にいっても、その業務は多岐に分かれます。新規開発の提案、計画、準備、実験、報告など、ひととおりのことはすべて担当しています。とはいえ、ひとりではできないことやわからないことも多く、周りの方からご協力、ご指導いただきながら業務を進めています。もちろん、自分でも文献を調べて知識を深める努力を続けています。自分が任せてもらっているテーマだからこそ、誰よりも自分が理解していなければならない、という熱い想いで仕事に取り組んでいます。

やりがい

入社当初、特に苦手だったのがプレゼンテーション。自分の考えをうまく伝えることができずに悩んでいました。それでも上司は何度もチャンスを与えてくれ、その度にアドバイスしてくれました。
そんな上司の想いに応えようと、発表前は家で数時間練習してから本番に臨むようにしていたら、少しずつプレゼンを褒めてくれる人が増えてきました。まさに「継続は力なり」。努力した分だけ成長できることが、大きなやりがいになっています。今でも、準備を怠るとうまく伝えられないこともあるので、初心を忘れず、日々成長していきたいと思っています。

入社してからの経験

シャープの魅力は、活躍するチャンスを多くもらえるところだと思っています。たとえば、今取り組んでいるテーマについての学術論文を、自分が筆頭で書かせてもらうことができました。また、特許についてもかなり多くの件数を自分が筆頭として出願しています。責任感も大きいですが、その分だけ仕事へのモチベーションを高く維持できています。
また、テーマの方向性についても、自分の考えを取り入れてもらうことができます。現在のテーマの派生技術について研究してみたい、と上司に相談したところ、時間をつくって取り組んでみてもいいのではと背中を後押ししてくれました。今はまだ研究段階ですが、自分が携わっている技術を早く世に出したいと思っています。

One day time-line (ある1日のスケジュール)

7:30 車で出社。早く着いたときは論文を読む時間にあてている。
8:30 始業。紙にTo Doリストを書き出し、提出期限の近さや重要度から優先順位を決定。優先度の高いものから取り組む。
12:00 同期と一緒に昼食。休日の過ごし方のような雑談から、仕事の情報交換など真剣な話をすることもある。
13:00 部内ミーティング。それぞれの状況を報告しあう。堅苦しい雰囲気はなく、自由に質問することもできる。
15:00 来週の実験準備。取り掛かる前に実験計画書を作成。必要なものをすべてリスト化し、漏れがないように準備する。
19:00 帰宅。

入社動機

独創的なものづくりに強く惹かれた

就職活動をはじめた当初は、まったく違う業界を志望していたのですが、調べているうちに徐々に電機メーカーのおもしろさに気づきはじめたことがきっかけで、入社を志望するようになりました。
そのなかでもシャープは、家電などのBtoC製品から、複合機などのBtoB製品まで、幅広い分野の製品を取り扱っていることや、液晶テレビを第一線で築き上げてきた技術力の高さが魅力的でした。そして何より、独創的な製品をつくっていることに強く惹かれ、入社を決意しました。

オフタイム

予定を決めず、好きなように過ごす

決まった行動を取ることが得意ではないので、休日の過ごし方はバラバラです。家で寝て過ごすこともありますし、友達と買い物に出かけたり、餃子パーティーをしたりと、のらりくらり過ごしています。どうしても出かけたくなった時は、有給をとってひとりでドライブすることもあります。先日は阿蘇に行ってきたのですが、素敵なところでした。

学生の皆さんへメッセージ

周りの人と会話して、納得のいく進路を見つけてほしい

自分の進路は自分で決めるものですが、「周りを知る」ということも、とても大切なことだと思います。友人や家族、先輩たちとたくさん会話して、時には協力してもらいながら、自分の視野を広げてみてください。そうすることで、自分が本当に納得のいく進路が自然と見えてくると思います。

一覧に戻る