前にもどる INDEXへ

新開発 『透明ディスプレイ』 を パーティション に応用

概要/写真

透明ディスプレイ パーティション

透明性(透過率)が高く、映像の表示が可能

透明性が、映像表示により制御できる

明るい環境下でも表示が見やすい

会議机など様々な場所に手軽に設置できるサイズ

 

液晶技術を応用し高い透過率と低消費電力を両立した透明ディスプレイをパーティションとして適用。ソーシャルディスタンスを確保しながら、映像による価値を付与します。

特長:
透明ディスプレイの 『透過』 と 『散乱』 を切り替え制御して情報を表示
屋内の明るさでも奥がきちんと見える高い透明性 (透過率60%以上)
光らない表示により、消費電力を大幅低減 (従来方式の1/10以下)

 

関連情報

・関連記事

ニュースリリース 2020/10/19 『透明ディスプレイ パーティション(※)』が「CEATEC AWARD 2020」の部門グランプリを受賞

(※)本技術を開発したシャープのディスプレイ事業は、2020年10月1日付で分社化され、シャープディスプレイテクノロジー株式会社(SDTC)となりました。本社:三重県亀山市、事業内容:ディスプレイデバイスおよび、ディスプレイ技術応用商品の企画・開発・設計・製造・販売。

SHARPブログ 2021/2/1 ディスプレイが感染症対策のパーティションに?? ニューノーマル時代の新コンセプト「透明ディスプレイ パーティション」

・関連動画

それぞれの Be Original. [vol.6] 『言われてみれば、欲しいなと思われるものを作る』 透明ディスプレイパーティション開発者インタビュー

資料ダウンロード

透明ディスプレイ パーティション PDFダウンロード »

お問い合わせ

お問い合わせはこちら お問い合わせフォーム »
トップに戻る

Brand