CSR・環境


多気シャープの森(三重県)

開設日 2006年5月27日
所在地 三重県多気郡多気町丹生字エンゲ4867番1
面 積 2.23ha(総面積:2.47ha)
コンセプト 森林保全と景観整備
樹 種 スギ、ヒノキ、サクラ、モミジなど

直近の活動

2018年11月3日、近隣の関係団体・企業の皆さま、三重事業所従業員とその家族総勢66名が、林内整備・歩道整備・間伐・下草刈りを行いました。

家族イベントも開催され、今年5月の活動でマキ割りをしたマキを使って焼き芋体験を行い、作業終了後に皆で美味しくいただきました。
(写真:間伐作業の様子)

森づくりの経過

活動開始前

活動地であるヒノキ林は、人が入れない程の荒れた状態でした。(2006年5月)

活動スタート

三重県が定める「三重の森林づくり条例」に基づき、県・森林所有者・企業などが協働する森林保全活動の第1号とする協定を2006年5月19日に結びました。

具体的には、2006年5月の植樹準備後、三重県・多気町・丹生地区・宮川森林組合のご協力を得て、社員とその家族約150名が、降りしきる雨の中、植樹、間伐、下草刈りを実施し、明るい森を取り戻しました。(2006年5月27日)

活動の様子

宮川森林組合様のご指導の下、社員とその家族などが下草刈りを行いました。この活動により、苗木に光が差し込むようになり、木々の成長を助けます。

また、子どもたちとは5月の活動で割った薪を使用して焼き芋づくりを行い、楽しく自然と触れ合う良い機会になりました。(2017年10月14日 49名参加)