製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2010年9月21日

新開発「プラズマクラスター※1脱臭・除菌システム」で、庫内を強力に脱臭

プラズマクラスター冷蔵庫 4機種を発売

プラズマクラスター冷蔵庫 左より<SJ-XF52T-S(庫内イメージ)><SJ-XF52T-S(シルバー系)><SJ-XF47T-A(ブルー系)>   <SJ-XF44T-N(ゴールド系)> <SJ-XW44T-S(シルバー系)>

シャープは、プラズマクラスターで庫内の除菌※2はもちろん、冷蔵庫特有のニオイを強力に脱臭する「プラズマクラスター冷蔵庫」シリーズ4機種を発売します。

 本シリーズは、冷蔵室に新開発「プラズマクラスター脱臭・除菌システム」を搭載し、浮遊カビ菌や付着菌の除菌に加え、複数の食品から発生した浮遊臭を分解・脱臭します。冷蔵室背面の冷気ダクト部には、ニオイ粒子が浸透・発生しにくい新発泡断熱材を採用し、冷蔵庫特有のニオイの発生を低減します。
 また、当社独自の省エネ技術「e-cool(イークール)システム※3」を更に進化させ、高性能コンプレッサーや高効率冷凍サイクルなどを新たに採用することで、高い省エネ性を実現しました。
 さらに、新開発の高湿度シールド構造を採用した「シャキット野菜室」では、野菜の水分保持率を従来の約2倍※4に高め、鮮度保持効果を向上させました。

 当社は、「プラズマクラスター冷蔵庫」で庫内の清潔性と食品の保存性を高め、健康や環境に配慮した食生活を提案してまいります。

品名

ノンフロン冷凍冷蔵庫

愛称

プラズマクラスター冷蔵庫

タイプ

フレンチドア

どっちもドア

形名

SJ-XF52T

SJ-XF47T

SJ-XF44T

SJ-XW44T

定格内容積

515L

465L

440L

440L

希望小売価格

オープン

発売日

11月4日

10月15日

10月15日

11月12日

月産台数

6,000台

6,000台

9,000台

5,000台


主な特長

1.新開発「プラズマクラスター脱臭・除菌システム」により、庫内を強力に脱臭し、浮遊カビ菌・付着菌も除菌
2.独自の省エネ技術「e-coolシステム」の更なる進化で、高い省エネ性を実現
3.高湿度シールド構造を採用した「シャキット野菜室」により、野菜の水分保持率約2倍を実現

※1プラズマクラスターおよびPlasmaclusterは、シャープ株式会社の商標です。
※2(財)日本食品分析センターで実証。
※3「ECO」+「COOL」を意味するシャープ独自の冷蔵省エネ技術の総称。
※4当社2009年度機種SJ-XF47Sとの比較。

詳細はこちら→

<プラズマクラスター冷蔵庫 4機種を発売 発表会レポート>
http://www.sharp.co.jp/report/reizo/index.html

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> プラズマクラスター冷蔵庫 4機種を発売