製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2013年12月24日

業界最小※1サイズで、業界最短※1の測定時間を実現

PM2.5センサモジュールを開発、発売

PM2.5センサモジュール<DN7C3JA001>

シャープは、PM2.5の濃度を業界最短※1の時間で測定できる、業界最小※1サイズのPM2.5センサモジュール<DN7C3JA001>を開発、発売します。

本モジュールは、PM2.5とそれ以上の大きさの粒子を空気中から選別する分粒器※2とPM2.5の濃度を測定する光センサを組み合わせています。分粒器に吸引する空気の量や流れを最適化することで、PM2.5を取り出しやすい独自の小型分粒構造を実現しました。これにより、空気清浄機などへの組み込みが容易になります。
 また、高感度の光センサを内蔵することで検知精度が向上し、業界最短※1の10秒でPM2.5の濃度が測定できます。
 加えて、PM2.5より大きな粒子であるほこりの濃度も測定し、組み込み機器の使い勝手の向上に貢献いたします。

品名

PM2.5センサモジュール

形名

DN7C3JA001

サンプル価格(税別)

10,000円

サンプル出荷開始日

12月25日

量産開始月

2014年2月

月産個数

80,000台

主な特長

1.  業界最小※1サイズ<53×40×51mm>を実現し、空気清浄機などへの組み込みが容易

2.  業界最短※1の10秒で検出が可能

3.  ほこりの濃度も測定し、組み込み機器の使い勝手の向上に貢献

※1 2013年12月24日現在。PM2.5センサモジュールにおいて。当社調べ。

※2 大気中に浮遊している直径2.5μm以下の小さな粒子(PM2.5)を取り出すもの

仕 様

項目

仕様値

測定レンジ

25 〜 500μg/m3

PM2.5測定感度

25μg/m3 以上

電源電圧(Vcc/ファン)

DC5V±0.5V

消費電力

40mW (センサ部)、 1100mW (ファン部)

出力電圧範囲

3.4V 以上

外形サイズ

53.0×40.0×51.0mm (突起部除く)

動作温度

−10 〜 +60 ℃

PM2.5センサモジュールを開発、発売(発表会レポート)
http://www.sharp.co.jp/report/pm2_5_sensor/index.html 新しいウィンドウで開きます

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> PM2.5センサモジュールを開発、発売