ホーム > ニュースリリース > 2021年1月 > プラズマクラスター冷蔵庫2機種を発売

ニュースリリース

ここをクリックすると印刷できます

2021年1月26日

シャープ株式会社

奥行630mmの薄型設計とインテリアに調和しやすいデザインで、スッキリとしたキッチン空間を創出

プラズマクラスター冷蔵庫2機種を発売

左から、<SJ-MF46H-H(ダークメタル)/-S(ライトメタル)><SJ-MW46H-H(ダークメタル)/-S(ライトメタル)>

 

 シャープは、奥行薄型設計とインテリアに調和しやすいデザインを採用し、スッキリと美しいキッチン空間を創出するプラズマクラスター冷蔵庫2機種を発売します。

 本機は、奥行630mmの薄型設計に加え、食器棚などのインテリアと調和しやすい「メタルドア」と「木目調ハンドル」を組み合わせた本体デザインを採用。奥行を薄型化したことで庫内が見渡しやすくなり、食品の使い忘れや買い物のムダを防ぐことにも役立ちます。

 また、週末のまとめ買いや作り置きに便利な2段構造のチルドルームを搭載しました。お刺身やチーズなどの食品は、密閉構造を採用した上段の「うるおいチルド」に保存。作り置き総菜は「作りおき急冷」で粗熱をとった後、-2℃~0℃の低温制御を実現した下段の「作りおきルーム」に保存することで、菌の増殖を抑えて※1食品の鮮度を保つことができます。

 さらに、本体前面に搭載された人感センサーと音声対話を連携させたAIoT機能では、本体の前で「冷蔵庫」と呼びかけると音声対話モードが起動するウェイクワードに対応することで、特売情報や献立相談などの対話がスムーズになります。

 好評の、使いやすい場所に配置した真ん中レイアウトの「雪下シャキット野菜室」や、まとめ買いのニーズに対応した「メガフリーザー」も採用しています。

 

品 名

形 名

定格内容積

希望小売価格

発売日

月産台数

プラズマクラスター冷蔵庫

SJ-MF46H
(ダークメタル/ライトメタル)

457L

オープン

2021年3月11日

3,500台

SJ-MW46H
(ダークメタル/ライトメタル)

2021年4月8日

1,500台

主な特長

1.奥行630mmの薄型設計に加え、「メタルドア」と「木目調ハンドル」を組み合わせた本体デザイン

2.密閉構造の「うるおいチルド」と低温制御の「作りおきルーム」による2段構造のチルドルームで、まとめ買いや作り置きをサポート

3.人感センサーと音声対話連携のAIoT機能で、特売情報や献立をかしこくお知らせ

※1 詳細は※3をご参照ください。

● COCORO+(ココロプラス)ブランドマークおよびCOCORO HOME、COCORO KITCHENはシャープ株式会社の登録商標です。

● プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

●「AIoT」は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、人に寄り添う存在に変えていくビジョンです。「AIoT」はシャープ株式会社の登録商標です。

主な特長

1.奥行630mmの薄型設計に加え、「メタルドア」と「木目調ハンドル」を組み合わせた本体デザイン

スリムな奥行の大型冷蔵庫へのニーズに応え、システムキッチン(平均奥行650mm)や食器棚と並べてもスッキリと設置できる、奥行630mmの薄型化を実現。また、インテリアとの調和を目指し、質感にこだわった「メタルドア」を採用。ダーク系キッチンにフィットする「ダークメタル」と、幅広いテイストのキッチンに調和する「ライトメタル」の2色展開に加え、野菜室、アイスルーム・上段冷凍室、下段冷凍室のハンドル部をそれぞれの本体カラーにマッチした木目調デザインにすることで「メタルドア」の質感を引き立てます。奥行をスリム化したことで、取り出しにくい上段奥の食品も見渡しやすくなり、食品の使い忘れや買い物のムダを防ぐことにも役立ちます。

 

 

2.密閉構造の「うるおいチルド」と低温制御の「作りおきルーム」による2段構造のチルドルームで、まとめ買いや作り置きをサポート

チルドルームの上段には、密閉構造の「うるおいチルド」を搭載。気密性の高い密閉空間で無風状態を保つので、ラップなしでも食品の乾燥を抑え※2、お刺身やサラダなどの一時保存はもちろん、ハムやチーズなどの風味や鮮度も保持します。

また、チルドルームの下段には「作りおきルーム」を搭載。時短やラク家事のために、週末や時間のあるときに、数日分のお弁当や夕食を作り置きする方が増える中、作り置きした料理をすぐに使えるように冷凍ではなく冷蔵で保存したいというニーズに応え、約-2℃~0℃の低温制御での保存を実現。上段冷凍室には、従来の「おいそぎ冷凍」に加え、約20分で粗熱をとる「作りおき急冷」を新たに搭載しているので、「作りおき急冷」モードで粗熱をとった後、「作りおきルーム」に移し替えて保存することで、常温による粗熱取りに比べて菌の増殖を抑え※3より清潔な状態で保存できます。

 

チルドルームイメージ(上段:「うるおいチルド」、下段:「作りおきルーム」)

※2 (当社調べ)<SJ-MF46H>(うるおいチルド)と当社2018年度機種<SJ-F501E>(従来チルドルーム)との当社試験比較。ラップ無し、ドア開閉無しで1日保存。●ハムの水分減少率…従来チルドルーム:37%、うるおいチルド:11% ハムの種類や状態、収納量などにより効果は異なります。

※3 (当社調べ)【試験方法】菌を付着させた寒天培地(50℃)を作りおき急冷モードで27℃に冷却後、作りおきルームに保存した場合と、寒天培地を常温放置で27℃に冷却後、冷蔵室に保存した場合の菌数を測定。【試験対象】寒天培地【試験結果】菌数の比較。初期値2.6×10^6CFU 常温時:2.3×10^7 CFU 作りおき急冷モード:4.1×10^6 CFU

 

3.人感センサーと音声対話連携のAIoT機能で、特売情報や献立をかしこくお知らせ

本体正面の人感センサーと音声対話を連携させたAIoT機能では、冷蔵庫に呼びかけて対話モードを起動するウェイクワードに対応することで、スムーズな対話が可能になりました。本体の前で「冷蔵庫」と呼びかけると、冷蔵庫が対話モードに入り、お気に入り店舗の特売情報や特売食品を使った献立を教えてくれます。

また、家電連携※4にも対応。キッチン家電の「ヘルシオ」や「ヘルシオ ホットクック」と連携すれば、冷蔵庫で選んだ献立を送信して、簡単に自動調理できるほか、洗濯機と連携すれば、洗濯機の運転終了を冷蔵庫がお知らせしてくれます。

さらに、「COCORO HOME」アプリを通じて、外出先から冷蔵庫に伝言を送信したり、ドアの開閉を確認したりできるので、留守番中の子どもや離れて暮らす家族の見守りも行えます。

※4 ヘルシオ対象機種:<AX-XA10>、<AX-XW600/AW600>、<AX-XW500/AW500>、<AX-XW400/AW400>、<AX-XW300>
ホットクック対象機種:<KN-HW24F/HW24E/HW24C/HW16F/HW16E/HW16D/SH16W/HW10E/SH10W>
洗濯機対象機種:<ES-W113/W112/W111/WS13>、<ES-PW11E/PW10E/PW8E/PW11D/PW10D/PW8D>、<ES-GW11E/GW11D>
2021年1月26日現在。

その他の特長

 

使いやすい高さに配置した真ん中レイアウト「雪下シャキット野菜室」

在宅勤務などにより、自宅で食事をする機会が増えるとともに野菜の使用頻度も増加する中、冷蔵室の真下に野菜室を配置することで、かがまずに野菜を取り出せる横幅ワイドの真ん中レイアウト「雪下シャキット野菜室」を搭載。大きい葉物野菜も出し入れしやすくなりました。高さが異なる4つのエリアに、小物・大物野菜をすっきりと収納できます。低温で包み込んで冷却しながら、野菜室全体を輻射冷却とうるおいガードで、野菜をみずみずしく※5保存します。

 

(イメージ)

※5 (当社調べ)<SJ-MF46H>(雪下シャキット野菜室)と当社2018年度機種<SJ-W351E>(従来野菜室)との当社試験比較。ラップ無し、ドア開閉無しで3日保存。●青梗菜の水分減少率…従来野菜室:10.9%、雪下シャキット野菜室:3.0% 野菜の種類や状態、収納量などにより効果は異なります。

 

使い勝手にあわせて冷蔵室/冷凍室に採用「フレキシブルトレー」

新たに採用した2つの「フレキシブルトレー」で、冷蔵室では調味料などの小物や缶ビールを、冷凍室ではカップアイスクリームや小分け冷凍食品などを、用途に合わせて収納できます。例えば、ジャムとヨーグルトをまとめて収納すれば、食卓に「フレキシブルトレー」を置くだけで朝食の準備ができたり、「たまご仕切り」を「フレキシブルトレー」にセットして卵収納に使用したり、下段冷凍室の2段目に設置したりすることもできるので、生活スタイルに合わせて活用することが可能になり、庫内の収納性が高まります。

 

フレキシブルトレーの使用例(イメージ)

 

まとめ買いに適した「メガフリーザー」

まとめ買いや作り置きの保存に便利な「メガフリーザー」を搭載。

下段冷凍室の1段目は冷凍食品やタッパーに入れた作りおき食品をたっぷり保存でき、2段目はスライドして使用できる「フレキシブルトレー」で小分けの収納が可能です。3段目は500mlのペットボトルが立てられる高さで、大容量タイプの冷凍食品もラクラク収納できます。

 

(イメージ)

 

庫内を清潔に保つ「プラズマクラスター集中シャワーモード」

冷蔵室には、プラズマクラスターユニットを搭載し、冷蔵室内に浮遊する菌の細胞表面のタンパク質を分解、除菌※6※7するほか、庫内に付着している菌も除菌※6※8します。新たに搭載する「プラズマクラスター集中シャワーモード」では、ドアの開閉回数が多いときや、購入した食品を冷蔵室に収納するときなど、ドアを長く開けたタイミングを分析し、生活リズムに合わせて冷蔵室内に通常より多くのプラズマクラスターイオンを集中的に放出し、庫内を清潔に保ちます。

※6 使用環境(庫内の食品の量・置き場所など)により、プラズマクラスターイオンの効果が異なることがあります。また、食中毒などの予防を保証するものではありません。

※7 ■浮遊菌除菌効果(1000Lボックス内での実験結果。実使用空間での実証結果ではありません。)【試験依頼先】(一財)石川県予防医学協会【試験成績書】第14000609号【試験方法】1000Lのボックス内にプラズマクラスターイオンを放出し、その後、浮遊菌をエアーサンプラーを用いて採取し、生菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:ダクト内200,000個/cm3)【試験対象】浮遊した1種類の菌【対象場所】冷蔵室内【試験結果】約73分で除去率99%

※8 ■付着菌除菌効果(100Lボックス内での実験結果。実使用空間での実証結果ではありません。)【試験依頼先】(一財)石川県予防医学協会【試験成績書】第H1600196K号【試験方法】100Lのボックス内に菌を塗布した寒天培地を配置し、プラズマクラスターイオン放出6日後の生菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:50,000個/cm3)【対象場所】冷蔵室内【試験結果】6日間で除去率99.3%

 

冷蔵室のハンドルと手入れが難しい製氷ユニットも抗菌※9※10対応

冷蔵庫の開閉時、頻繁に手を触れる冷蔵室のハンドルに抗菌加工を施したほか、Ag+イオン加工製氷ユニットにも抗菌対応しているので、お手入れしにくい場所も安心して使用できます。

 

Ag+イオン加工製氷ユニット(イメージ)

※9 【試験依頼先】(一財)ボーケン品質評価機構(20220032896-1)【試験方法】JIS Z 2801抗菌性試験【抗菌方法】銀イオンによる【試験結果】99%以上の抗菌効果

※10 【試験依頼先】(一財)ボーケン品質評価機構(20219031121-1)【試験方法】JIS Z 2801抗菌性試験【抗菌方法】銀イオンによる【試験結果】99%以上の抗菌効果

仕 様

形名

SJ-MF46H

SJ-MW46H

ドア数

6ドア

5ドア

定格内容積

457L

 

冷蔵室

240L

冷凍室

135L

野菜室

82L

外形寸法

650mm

奥行

630mm

高さ

1,838mm

質量

91kg

ドアタイプ

フレンチドア

どっちもドア
(両開きドア)

ドア材

メタルドア

主な特長

プラズマクラスター

〇(冷蔵室)

プラズマクラスター集中シャワーモード

フレキシブルトレー

〇(2個)

野菜室

雪下シャキット野菜室
(真ん中レイアウト)

チルドルーム

うるおいチルド/作りおきルーム

冷凍室

メガフリーザー

おいそぎ冷凍

新鮮冷凍

作りおき急冷

冷蔵室抗菌加工ハンドル

AIoT

特売情報/家電連携/伝言/見守り

色調

-H(ダークメタル)

-S(ライトメタル)

● 本製品の音声合成ソフトウェアには、HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker SBUの「ReadSpeaker」を使用しています。「ReadSpeaker」は、ReadSpeaker Holding B.V.の商標です。

● 本製品の特売情報は、株式会社ロコガイドの買物情報サービス「トクバイ」を使用しています。

本製品に関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。

https://jp.sharp/reizo/

お客様からのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-078-178(固定電話/PHS)
ナビダイヤル  0570-550-449(携帯電話)
https://jp.sharp/support/inq_echo_wg.html 新しいウィンドウで開きます
(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページの先頭へ