ホーム > ニュースリリース > 2022年2月 > タイムスタンプサービスの提供を開始

ニュースリリース

ここをクリックすると印刷できます

2022年2月16日

シャープ株式会社

スマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」を拡充
複合機※1でスキャンした請求書や領収書などの取引関係書類に付与し、データ保存・管理を効率化する

タイムスタンプサービスの提供を開始

 シャープは、スマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」を拡充し、複合機でスキャンしたデータにタイムスタンプを付与する新サービスの提供を、本年2月下旬より開始します。請求書や領収書などの取引関係書類のデータ保存・管理の効率化に貢献します。

 タイムスタンプは、スタンプが付与された日時にそのデータが存在したこと(存在証明)、それ以降に内容が変更されていないこと(非改ざん証明)を電子的に証明するもので、改正電子帳簿保存法※2におけるスキャナ保存や電子取引の保存要件※3のひとつとして導入が進んでいます。

 本サービスには、電子契約サービス「NINJA SIGN by freee」(運営:株式会社サイトビジット※4)のタイムスタンプ機能を採用しました。複合機の操作パネル上で本サービスを選択し、COCORO OFFICE IDでログインしてスキャンすると、タイムスタンプを付与されたデータがクラウド上に保存されます。保存完了時に、入力したCOCORO OFFICE ID宛にメールが届き、記載されたURLからタイムスタンプが付与された電子データを簡単にダウンロードすることができます。パスワードの設定も可能です。なお、「COCORO OFFICE」対応のNAS(ネットワーク接続ストレージ)<BP-X1STシリーズ>も今後、タイムスタンプサービスに対応する予定です。

 当社は、今後も「COCORO OFFICE」から提供するサービスや機器の拡充に取り組み、企業の業務効率化や生産性の向上に貢献してまいります。

 

提供サービス

価格

提供開始時期

「COCORO OFFICE」

タイムスタンプサービス

オープン

2022年2月下旬

主な特長

1.複合機でスキャンしたデータにクラウド上でタイムスタンプを付与。スタンプが付与された日時における存在証明、および、それ以降の非改ざん証明が可能

2.通知メールに記載されたURLから、タイムスタンプが付与された電子データを簡単にダウンロードできる

3.ダウンロード時のパスワード設定も可能

※1 対応機種をこちらの「主な仕様」に記載しています。

※2 電子帳簿保存法は1998年7月施行。紙での保存が義務付けられている帳簿や決算書、請求書などの国税関係帳簿・書類について、一定の要件を満たせばデータで保存・管理することを認める法律。2022年1月施行の改正電子帳簿保存法により、電子取引に関わる電子データの保存が義務化されました。(やむを得ない事情がある場合に限り、2023年12月31日まで、従来どおり紙での保存を可能とする経過措置が設けられています)

※3 一定水準以上の解像度およびカラー画像による読み取り、入力者などの情報の確認、検索機能の確保や、その他にも要件が存在します。

※4 本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭 政人

● NINJA SIGN by freeeは株式会社サイトビジットの登録商標です。

主な仕様

 

対応機種

デジタルフルカラー複合機

・MX-6171/5171/4171/6151/5151/4151/3661/3161/2661/3631*/2631*

 *オプションのアプリケーション通信キット<MX-AMX2>が必要です。

・BP-70C26、BP-60C36/60C31/60C26、BP-40C36/40C26(2022年2月22日発売予定)

・BP-70C65/70C55/70C45、BP-50C65/50C55/50C45(2022年4月下旬発売予定)

対応フォーマット

PDF

タイムスタンプ

付与上限

最大500ファイル/月

COCORO OFFICEに関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。

https://jp.sharp/business/cocoro-office/

お客様からのお問い合わせ

      シャープマーケティングジャパン株式会社
      COCORO OFFICE推進部 (050) 5731-7556

(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページの先頭へ