資材調達

基本的な購買手続き

シャープグループは「基本購買方針」に基づき、国内外すべてのお取引先およびお取引先候補企業に公平な機会を設け、公正な評価のもとで購買活動をおこなっています。
基本的なお取引開始までの手続きについてご紹介します。

お取引開始手続き上のポイント

ご提案

シャープグループとのお取引をご希望される場合は、シャープグループ公式ウェブサイト、商品カタログ等から生産品目や生産場所をご確認の上、納入希望品目をご検討ください。シャープグループとのお取引をご提案頂く際にはお取引先候補企業の品質・価格・技術面の特長並びにサービスの優位性をアピールいただくことが非常に重要です。

なお、シャープグループの国内外生産拠点における調達部門がお取引先様ならびにお取引先候補企業との連絡窓口となります。

初回の打合せ

当社との資材調達取引をご希望されるお取引先候補企業は、以下の資料を事前にご準備の上、初回の打合せに臨んで頂きますようお願いいたします。

  • お取引先候補企業の会社概要資料、製品カタログ
  • お取引先候補企業の納入希望品目における、他社との比較優位性を示すデータ(品質・仕様・性能・価格等に関するもの)

仕様・価格・取引条件等の検討

ご提案頂いた品目のうち、シャープグループが関心を持ったものにつきましては、関連部門(技術部門・品質部門・調達部門)にて価格・納期・アフターサービス等の詳細な検討を実施します。

見積・サンプル提出

お取引先候補企業の価格競争力・品質・技術力など諸項目の確認を行ないます。なお、打合せ・検討過程で知り得た情報については、双方が第三者へ漏らすことのないよう、必要に応じて事前に秘密保持契約(NDA)を締結いたします。また、検討結果については採用の可否にかかわらず、お取引先候補企業へフィードバックいたします。

評価・認定

製造されたサンプルがシャープグループの定める品質基準に合致しているか、シャープグループ内で評価を行ない認定いたします。

工場審査

お取引先候補企業の工場を訪問し、製造プロセス、管理体制、安全・衛生、環境保全等が適切であるかを確認します。

総合評価

お取引先候補企業の品質・価格・技術力・納期遵守体制・供給力・アフターサービス・将来的な対応力などを総合的に評価し、当社とのお取引を開始可能であるかを判断します。

取引準備・口座開設(取引基本契約、品質保証契約の締結等)

総合評価の結果、合格判定となったときは、当社はお取引先候補企業と協議の上、取引基本契約・品質保証契約等を締結いたします。これらの契約の締結ならびに取引口座開設手続きを経て、お取引先様として登録され、シャープグループとの取引準備完了となります。