前にもどる INDEXへ

概要/写真

実例①:世界遺産 法隆寺(法隆寺地域の仏教建造物)

  • 世界遺産を隈なく探訪、普段は見ることのできない部分まで鑑賞する追加体験
  • 法隆寺及び法起寺の国宝を中心とした文化財を直感的に鑑賞できる、タッチパネル操作式の8Kインタラクティブミュージアムシステム
  • 2020年3月25日より大宝蔵院内にて一般公開

 

法隆寺 大宝蔵院に設置された8Kインタラクティブミュージアム

法隆寺 大宝蔵院に設置された8Kインタラクティブミュージアム

表示コンテンツ例(釈迦三尊像)

表示コンテンツ例(法隆寺金堂)

聖徳宗総本山 法隆寺(奈良県生駒郡)

 

様々な角度からじっくり鑑賞、一通り参拝した後にまた新たな感動を
遠くて見えない建物上部の装飾の、細やかな意匠までじっくり鑑賞
仏像のご尊顔を間近で拝見、細やかな意匠に込められた思いを感じる体験を

 

実例②:東京国立博物館 実証実験
8Kで文化財「ふれる・まわせる名茶碗」

  • 独立行政法人国立文化財機構 文化財活用センター・東京国立博物館と協力し、文化財の新たな鑑賞方法を共同開発
  • 実物に触れているような臨場感を体験できる、茶碗型コントローラー操作式および音声ガイドの8Kインタラクティブミュージアムシステム
  • 2020年7月29日(水)~8月2日(日) 東京国立博物館「東洋館」にて公開

 

文化財鑑賞ソリューションの実証実験を東京国立博物館で公開

茶碗型コントローラーと茶碗の原寸レプリカ

茶碗型コントローラーの操作によって8Kディスプレイ上の茶碗を“鑑賞”

大井戸茶碗 有楽井戸(重要美術品) 東京国立博物館蔵

東京国立博物館(東京都台東区上野)

 

直感的な操作と触感を可能とする「茶碗型コントローラー」が、まるで実物の茶碗を手に持ちながらじっくり見まわすかのような没入体験を実現
底面や断面、また肉眼では捉えられない細部まで鑑賞。実物の展示では見ることのできない部分まで隈なく鑑賞できる、新たな鑑賞体験
テキストと音声による解説で深まる理解。実際はどうなのかと実物を見たくなる、文化財への関心を高める体験

鑑賞体験のイメージ

プレゼンテーション動画

「8Kで本物に触れる」をテーマに文化財鑑賞ソリューションを共同開発、実証実験を公開:シャープ・文化財活用センター・東京国立博物館の三者で。

関連情報

【関連動画】

美術品を拡大・回転できる!「8Kインタラクティブミュージアム」(マイナビニュース) »

【関連WEBサイト】

8K Possibility(ブランドサイト) »

【関連記事】

グッドデザイン賞公式サイト 詳細ページ(概要/デザインのポイント/審査委員の評価など) »
ニュースリリース 2020/10/1 グッドデザイン賞 2020年度『グッドデザイン・ベスト100』を受賞 »
ニュースリリース 2020/3/25 「8Kインタラクティブミュージアム」が法隆寺大宝蔵院に設置 » 
SHARP Blog 2019/11/6 国宝を8Kで見る。「聖徳太子絵伝」には1歳の太子が描かれている » 

お問い合わせ

法人向け商品に関するお問い合わせ BS事業本部 ソリューション開発センター ソリューション事業推進部 »
トップに戻る

Brand