採用情報

  • 新卒採用/第二新卒
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • インターンシップ

社員紹介

M.N.

未来を形にし、世界へ届ける仕事。
ディスプレイで
より良い社会をつくる!

  • シャープディスプレイテクノロジー株式会社
  • ビジネス系 [グローバル営業]
  • 2017年入社
  • 経営学部 国際経営学科 卒

仕事内容

海外との電話会議

北米市場におけるディスプレイモジュールの拡販・開発推進・量産フォローを担当しています。主に米国販社と日本の工場 (開発、企画、生産、品質保証等) を繋ぐ窓口です。私の所属する事業部は、“車載・PC/タブレット以外全て”と守備範囲が広く、市場とともに少しずつ商材が変わっていきます。入社当初は産業機器向けディスプレイが主な商材でしたが、現在は高精細ディスプレイに徐々に移行しています。商材が変わればもちろん顧客も変わり、会社によって色があるのが面白いです。普段は内勤で、メールや電話会議で社内外と連絡を取り合っています。年に数回、来客と海外出張があり、これらの機会を通じて直接顧客と商談を行います。使用する言語は日本語と英語が半分程度で、橋渡し役を担いつつ、プロジェクトを推進していく営業としての役割があります。商材の変化や顧客の多様性に適応し、考えながら進めることが求められる業務だと感じています。

やりがい

やはりプロジェクトを受注した時が一番嬉しいです! 新規受注が私の主なミッションのため、うまくいかないことも多々ありますが、その分受注した時は達成感も大きく、次もこの感覚を味わうために頑張ろうと思えます。新規受注は、既存顧客との関係の中からも生まれます。ですので、既存プロジェクトを大事にしつつ、常に先を見据えてアンテナを張っておくことを意識しています。既存と新規のビジネスのバランスを取ることで、持続的な成果を目指したいと考えています。

さらに、米国へ出張し、顧客訪問や展示会でのプレゼンテーションなど、顧客と直接対話できる点もやりがいがあります。普段は内勤営業でビジネスのリアルな現場を感じることが難しく、米国出張は貴重な機会です。ディスプレイデバイスは実際に目で見て触れることでその魅力が伝わる商材ですので、現地の販社メンバーと協力して顧客との接点を増やしています。ハードでありながらも自身の成長を感じられる仕事です。

入社してからの経験

入社以来、一貫して北米向けディスプレイデバイス営業を担当しています。当初は物流やPSI (生産/販売/在庫) 管理など、営業の基礎を学びながらスタートし、その後、徐々に拡販や設計のプロセスで顧客と社内を繋ぐ役割に移行してきました。

特に苦労したのは英語で技術的な討議を行う会議です。最初は他の参加者の発言が全く分からず、“まずいことになってしまった…”と思いました。技術的な知識はほとんど無かったため、若手向けの勉強会や研修があり助かりましたし、どんな方も快く教えてくださったのが有難かったです。恥ずかしがらずに周囲の人に聞くことと、自分なりに調べて考えることの両方が大事だと気づきました。技術的な理解が深まるにつれて、少しずつ英語でのコミュニケーションもスムーズになってきました。

2年目で米国出張の機会を頂き、販社のオペレーション習得や拡販ツアーを実施しました。今考えてもかなり未熟な営業でしたので、チャレンジさせてもらえたことが素直に嬉しかったです。臆せず挑戦できたのは周囲のサポートがあってこそのことなので、環境に感謝しています。

One day time-line (ある1日のスケジュール)

9:00 出社、米国販社や顧客と電話会議。
11:00 現地とのやり取りや締め切りの近い業務から行う。
12:00 昼食。
13:00 グループ週報。
14:00 契約書等じっくり考えたい作業に時間を取る。
15:00 社内関連部門とプロジェクト進捗確認。
16:00 アクションアイテムの回答。
17:00 翌日の電話会議の準備。
19:00 帰宅。
  • チームで契約書を検討
  • 北米出張での1コマ

入社動機

決め手は会社・社員の雰囲気

就職活動の私なりの基準として“広い世界で、新しいものに触れたい”という思いが軸にありました。具体的には、海外志向が強く、成果が製品として目に見える仕事を希望していたため、海外営業のできるメーカーを志望していました。企業研究をする中でシャープの事業内容を知り、海外売上比率が高いことや、独自の技術をもって世界初に挑む風土が魅力的に映りました。せっかく働くのであれば人の役に立つ仕事がしたいと感じていましたので、人に寄り添う製品を開発している点にも共感しました。

選考で出会った社員は皆親切で、採用担当者との会話から多くの気づきを得ました。また、セミナーで出会った社員の真摯に会社に向き合う姿勢に、“こんな風に仕事に熱意を持てるって素敵だな”と心動かされました。最初はシャープの事業内容に興味を持ちましたが、決め手は会社・社員の雰囲気だったように思います。

オフタイム

オンとオフの切替を意識して

休日は、動物園やオーケストラのコンサート、美術館、サッカー観戦に行くのが好きです。平日は、自転車通勤と自炊がストレス解消になっていると思います。オンとオフの切り替えはいつも意識しています。

入社後の配属は三重で、山や海で自然を満喫していました。登山の楽しさを教えてくれた同期と富士山に挑戦した思い出が印象的です。

社会人になると仕事は大変ですが、その分余暇も充実するので満足しています。

動物園での1日 同期と富士山登頂

学生の皆さんへメッセージ

視野を広く持って

世の中にはたくさんの会社がありますし、1つの会社の中にもさらにまた多くの仕事があります。限られた情報で自分の進路を決めるのはもったいないです。自ら視野を狭めないよう、できるだけたくさんの人の話を聞き、複数の視点を持つことが大切だと思います。

就職活動には多くの時間とエネルギーが費やされますが、その一方で、ぜひ世界や身の回りの出来事にも目を向けてほしいです。学生生活は様々な経験を積み、多様な価値観を知るチャンスです。異なるものを受け入れる過程で自身を見つめ直し、自分がどういう人間で、何が大事なのか分かってくると思います。その過程はもちろん就職活動に役立ちますし、その後の人生においても皆さんを強くしてくれるはずです。偉そうなことを言っていますが、私もまだまだ分からないことだらけなのでオープンマインドで頑張ります!

やる気が出ない時もあるかもしれませんが、諦めなければ良い結果が待っています。息抜きしながら頑張ってください。

一覧に戻る