CSR・環境

環境ビジョン

SHARP Eco Vision 2050

SHARP Eco Vision 2050

シャープが挑戦する3つの分野

気候変動、資源枯渇、海洋プラスチック問題など、環境問題は深刻さを増し、地球規模の社会課題と認識されています。一方、国際社会では「持続可能な開発目標(SDGs)※1」や温室効果ガス削減の枠組み「パリ協定※2」が発効されるなど、社会課題解決に向けた動きがグローバルで加速しています。

シャープは、グローバル企業として社会課題解決への強い意志を示し、 「誠意と創意をもって人と地球にやさしい企業に徹する」という当社の「環境基本理念」のもと、2050年に向けた長期環境ビジョン「SHARP Eco Vision 2050」を新たに策定しました。 これは、世界中に「クリーンなエネルギー」を提供するとともに、企業活動で発生する温室効果ガスや廃棄物などによる「地球への環境負荷」の最小化を図ることで「持続可能な地球環境」の実現に挑戦するものです。

本ビジョンの実現に向け、「気候変動」「資源循環」「安全・安心」の3つの分野で挑戦的なゴールを設定し、技術の開発、製品やサービスの提供など企業活動を通じた環境保全に加え、ステークホルダーの皆さまとの連携を深めることで、社会課題の解決と持続的な企業価値の向上に取り組みます。

長期環境目標

シャープは、「SHARP Eco Vision 2050」の実現に向け、3つの分野それぞれに対し、以下のように長期的なゴールを定めることで、「消費するエネルギーを上回るクリーンエネルギーの創出」および「企業活動で生じる地球への環境負荷の最小化」に取り組みます。

気候変動

シャープはこれまで、自らが消費するエネルギーの削減をはじめ、製品の省エネルギー化を進めることで、家庭や社会で消費されるエネルギーの削減に努めてきました。
また、創業者・早川徳次の「当社が出しているものは、すべて電気を使うものばかり。今後、会社が大きくなればなるほど電気を使うことになるので、(電気を)作ることもしよう」という考えで太陽電池の開発に着手し、半世紀以上にわたり太陽光発電の普及にも努めてきました。

電気を使う製品を作る会社だからこそ、電気の使用で生じる環境負荷に責任を持たなければならない。

シャープは「消費エネルギーの削減」および「クリーンエネルギーの創出」により一層努め、脱炭素社会を実現すべく、2050年に向けて以下の2つの目標に挑戦します。

目標
  • サプライチェーン全体で消費するエネルギーを上回るクリーンエネルギーを創出
  • 自社活動のCO2排出量をネットゼロへ

資源循環

シャープはこれまで、新しい製品を生み出すことで世の中に多様な価値を提供してきた一方で、多くの限りある資源を使用してきました。

限りある資源の中で、全てのステークホルダーに多様な価値をいつまでも提供できるように。

シャープは「資源の有効活用」により一層努め、「最小限の資源」で「最大限の価値」を継続的に提供し、循環型社会を実現すべく、2050年に向けて以下の2つの目標に挑戦します。

目標
  • 製品への新規採掘資源※3の使用をゼロへ
  • 自社活動による廃棄物の最終処分をゼロへ

安全・安心

シャープの工場では製品製造工程においてさまざまな化学物質を使用し、また、製品にはさまざまな化学物質が含有されています。化学物質には人体や地球環境・生態系に悪影響を及ぼすものもあり、その取り扱いには徹底した管理が必要です。

シャープの企業活動が、人の健康や地球環境・生態系に悪影響を及ぼすことがあってはならない。

シャープは現行の国際基準はもとより将来を見据えた当社基準を設定し、これらに準じた化学物質の徹底管理を行い、「化学物質が人の健康や地球環境・生態系に及ぼす影響」を排除します。

目標
  • 化学物質の適正管理で人の健康や地球環境・生態系を守る
  • ※1 2015年に国連で採択された、国際社会が持続可能な発展のために2030年までに達成すべき17の社会的目標。
  • ※2 2015年にパリで開かれた第21回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で合意された地球温暖化防止の国際的な枠組み。
  • ※3 リサイクルをするにあたり環境配慮面で合理性のないものを除く。