CSR・環境

安全・安心

化学物質の適正管理とリスクマネジメント

シャープは生産工場で使用する化学物質の適正管理を徹底しています。新たな化学物質や取り扱い設備の導入時には独自のプロセスアセスメント制度※1により、化学物質の有害性や安全対策などを審査しています。化学物質を取り扱う従業員を対象とした定期的な教育・訓練により環境負荷の低減と安全の確保を図るとともに、健康診断を実施することで健康に配慮しています。また、PRTR制度※2に基づき、対象化学物質の排出・移動量を把握し報告しています。2018年度は、工場単位の年間取り扱い量500kg以上の対象化学物質が日本国内で16物質、海外で8物質※3となりました。

  • ※1 化学物質および取り扱い設備に関して、安全性や環境負荷などを事前に評価・確認する社内制度
  • ※2 有害性のある化学物質の排出量や移動量などのデータ集計・公表を義務付ける法定制度
  • ※3 シャープが日本の法定制度に基づき対象物質を定義

日本国内のPRTRデータ(2018年度)

(kg)

PRTR
No.
化学物質名 取扱量 排出量 移動量 消費量 除去
処理量
大気 水域 下水 廃棄物等 製品含有等 リサイクル
1 亜鉛の水溶性化合物 1,303 0 0 0 509 0 794 0
20 2-アミノエタノール 2,641,429 209 143 0 15,820 0 2,242,888 382,369
44 インジウムおよびその化合物 14,450 0 0 0 3,901 433 10,116 0
71 塩化第二鉄 93,767 0 0 0 0 0 70,578 23,189
164 HCFC-123 1,105 180 0 0 0 0 0 925
232 N,N-ジメチルホルムアミド 17,112 0 0 0 0 0 0 17,112
272 銅水溶性塩(錯塩を除く) 7,110 0 0 0 6,739 371 0 0
343 ピロカテコール(別名カテコール) 2,079 0 0 0 2,079 0 0 0
374 ふっ化水素及びその水溶性塩 413,909 943 0 0 321,097 0 61,041 30,828
401 1,2,4-ベンゼントリカルボン酸1,2-無水物 623 0 0 0 24 599 0 0
405 ほう素化合物 1,471 0 0 0 1,323 0 148 0
407 ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル 530 0 16 0 0 0 0 514
412 マンガン及びその化合物 22,831 0 0 0 0 22,777 54 0
438 メチルナフタレン 18,889 94 0 0 0 11,987 0 6,808
448 メチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート 516,748 0 0 0 0 516,748 0 0
453 モリブデン及びその化合物 13,278 0 0 0 1,702 398 11,178 0
合計 3,766,635 1,426 159 0 353,194 553,313 2,396,797 461,746

海外のPRTRデータ(2018年度)

(kg)

PRTR
No.
化学物質名 取扱量 排出量 移動量 消費量 除去
処理量
大気 水域 下水 廃棄物等 製品含有等 リサイクル
31 アンチモン及びその化合物 1,784 0 0 0 18 1,188 578 0
104 クロロジフルオロメタン(別名HCFC-22) 2,850 10 0 0 0 2,840 0 0
291 1,3,5-トリス(2,3-エポキシプロピル)-1,3,5-トリアジン-2,4,6(1H,3H,5H)-トリオン 1,258 0 0 0 13 837 408 0
300 トルエン 3,603 3,603 0 0 0 0 0 0
355 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 7,600 0 0 0 7,600 0 0 0
392 ノルマル-ヘキサン 15,900 15,900 0 0 0 0 0 0
413 無水フタル酸 1,006 0 0 0 10 670 326 0
448 メチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート 2,927,268 0 0 0 4,145 2,923,123 0 0
合計 2,961,269 19,513 0 0 11,785 2,928,658 1,313 0

大気・水域への環境負荷の管理

シャープは、大気汚染や水質汚濁物質の濃度・排出量について、法規制値や地域との協定値より厳しい自主基準を設定し、管理を徹底しています。また、地域とのリスクコミュニケーションにも積極的に取り組んでいます。

大気への排出量の推移(日本国内)

NOx(窒素酸化物)排出量

SOx(硫黄酸化物)排出量

VOC(揮発性有機化合物)排出量

水域への排出量の推移(日本国内)

COD(化学的酸素要求量)汚濁負荷量

窒素汚濁負荷量

リン汚濁負荷量

取り組み事例

工場排水の採水分析(奈良工場)

奈良工場(奈良県大和郡山市)では、リスクコミュニケーションの一環として、行政(大和郡山市)とともに工場排水の採水分析を行っています。採取した排水をそれぞれで分析し、その結果を持ち寄っての数値確認や意見交換を通して、関係者の円滑なコミュニケーションの醸成に役立てています。

工場排水の採水分析

土壌・地下汚染へのリスク管理

シャープは、化学物質による環境汚染や事故のリスクを最小限に抑制するための独自基準を1999年に定め、運用しています。また、化学物質を取り扱う設備には多重の漏洩防止措置を講じるなど、事故や汚染の未然防止に努めています。過去に塩素系溶剤による汚染が確認された工場については、行政などに定期的に進捗状況を報告しています。

製品に含有される化学物質の管理

シャープは、製品の環境負荷の低減と世界各国の化学物質規制への対応のため、現行の基準や将来求められる可能性のある規制の動向を考慮した上で自社基準を設定し、お取引先さまのご協力のもと製品に含有する化学物質の管理を徹底しています。管理対象の化学物質を「使用禁止物質(全面的禁止物質、条件付使用禁止物質)」と「管理物質」へ分類の上、シャープ製品に使用される部品・材料(素材、汎用部品、完成品・半完成品、副資材など)に含まれる化学物質を管理しています。

化学物質管理区分

区分 説明 備考
全面的使用禁止物質 いかなる用途にも使用できない物質
  • 国内外の法規制や環境ラベルなどにおいて製品への含有が現在規制されている、または将来の規制が見込まれる物質
  • 環境負荷が高いことが周知でかつ代替物質が存在する物質
条件付使用禁止物質 シャープが認めた用途(除外用途)に限定して使用できる物質
管理物質 当該物質の含有有無、含有量を把握する物質
  • 国内外の法規制や環境ラベルなどで製品への使用状況の開示が求められている、または将来求められる可能性のある物質
  • 製品への使用状況を顧客から求められる、または求められる可能性のある物質

含有化学物質報告書

シャープでは、特定化学物質の製品含有を禁止した規制への対応として、新規部品採用時の納入仕様書の添付文書である「含有化学物質報告書」をお取引先さまに提出いただくことで、使用禁止物質の含有状況を確認しています。特にEU RoHS指令※1の制限対象10物質※2については分析データも併せて提出いただいています。これらの情報を活用して、部品採用の判断を行っています。

含有量調査

EU REACH規則※3をはじめ、各国の化学物質の情報伝達や開示を義務づけた法規制への対応のため、シャープに納入される部品・材料への化学物質の含有量などの情報をITシステムを使用して収集しています。収集のツールとして、国際規格IEC62474※4に準拠した情報伝達スキーム「chemSHERPA※5」を活用しています。ここで得られた情報を活用して、化学物質関連の集計を行っています。

新規納入部品・材料の評価の流れ

  • ※1 「電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限」に関するEU指令
  • ※2 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE、DEHP、BBP、DBP、DIBP)
  • ※3 EU域内で製造もしくは輸入する化学物質の登録・評価・認可を義務づける欧州の化学物質規則
  • ※4 電気・電子業界の製品に含有する化学物質や構成部品に関するサプライチェーンの情報伝達の手順・内容を規定した国際規格
  • ※5 製品に含有される化学物質の情報をサプライチェーン全体で効率的に伝達することを目的に、経済産業省が主導して開発された情報伝達スキーム
  • ※6 適切な評価を実施するため、部品・材料の用途などに応じて分類