CSR・環境

国連グローバルコンパクト10原則対照表

国連グローバルコンパクト10原則対照表

国連グローバル・コンパクト10原則 関連ページ PDF掲載
ページ
関連する
SDGs目標
【人権】
原則1:
原則2:
企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。 トップメッセージ 4
CSRマネジメント/マテリアリティ(重要課題)/ステークホルダーエンゲージメント 13~18
公平・公正な購買活動 58
サプライチェーン全体でのCSR推進 59
責任ある鉱物調達への取り組み 60
人権に関する取り組み 82~83
人材育成 84~85
ダイバーシティ・マネジメント 86~89
ワーク・ライフ・バランスの取り組み 90~91
労働安全衛生の取り組み 92~95
【労働基準】
原則3:
原則4:
原則5:
原則6:
企業は、組合結成の自由と団体交渉の権利の実効的な承認を支持し、あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、児童労働の実効的な廃止を支持し、雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。 トップメッセージ 4
CSRマネジメント/マテリアリティ(重要課題)/ステークホルダーエンゲージメント 13~18
公平・公正な購買活動 58
サプライチェーン全体でのCSR推進 59
責任ある鉱物調達への取り組み 60
人権に関する取り組み 82~83
人材育成 84~85
ダイバーシティ・マネジメント 86~89
ワーク・ライフ・バランスの取り組み 90~91
労働安全衛生の取り組み 92~95
【環境】
原則7:
原則8:
原則9:
企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、環境に関する大きな責任を率先して引き受け、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。 トップメッセージ 4
CSRマネジメント/マテリアリティ(重要課題)/ステークホルダーエンゲージメント 13~18
環境活動(環境ビジョン/気候変動/資源循環/安全・安心/環境マネジメント/生物多様性保全/環境負荷の全体像) 20~56
【腐敗防止】
原則10:
企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。 トップメッセージ 4
インサイダー取引防止への取り組み 76
コンプライアンス 102~107
あらゆる形態の腐敗防止、寄付金などの適正処理 103