天理工場について

シャープの環境に配慮した工場から、エコな取り組みを発信する、シリーズ「工場からエコ」。
今回は、平成27年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰でリデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞を受賞した天理工場からリサイクル活動に関するレポートが届きました。

天理工場ってどんなところ?

奈良県天理市の櫟本(いちのもと)町で天理工場が稼働したのは1970年。現在は約1,104名※の従業員が働いています。研究・生産技術開発や液晶パネルの開発・製造を行っています。

※(2015年12月1日現在)

今回は天理工場のエコの中でもイチ押しであるリサイクル活動について、わたしたちがご紹介します。

天理環境安全推進部
山本 勝(左)
吉村 匡司(右)
シャープが考える環境性能の基準についてご案内します。
持続可能な社会の実現に貢献するシャープのCSR
開発者インタビュー「聞いてなっとく!ココにもエコ」
  • ISO14001認証取得工場・オフィス一覧
エコも語っています!