奈良県天理市櫟本町2613番地の1

事業内容
AIoTエコシステム/8K+5Gエコ
システム向け研究開発、
ディスプレイデバイスの開発
延床面積
約198,000m²
敷地面積
約212,000m²
操業開始
1970年

古代文化と自然が共生する地で、シャープの研究開発を行っています。

天理市は、山辺の道や数多くの古墳群があり、古代文化のロマンあふれる地です。天理市の丘陵地に立つ天理工場には希少種の笹ユリが敷地内の古墳に自生し、近くを流れる高瀬川にはホタルなど数多くの生きものが棲んでいます。
文化と自然豊かなこの地で、先端技術の研究開発や環境保全・社会貢献活動、生きものとの共生などに取り組んでいます。また、敷地内には当社の歴史・技術を紹介するシャープミュージアム(天理)もあります。
皆さま、ぜひ一度お越しください!

シャープが考える環境性能の基準についてご案内します。
持続可能な社会の実現に貢献するシャープのCSR
開発者インタビュー「聞いてなっとく!ココにもエコ」
  • ISO14001認証取得工場・オフィス一覧
エコも語っています!