三重工場について

シャープの環境に配慮した工場から、エコな取り組みを発信する、シリーズ「工場からエコ」。
今回は液晶パネルを生産している三重工場から水の有効活用に関するレポートが届きました。

シャープ三重工場って?

三重県東部の多気町で三重工場が稼働したのは1995年。現在は約1,800名の従業員が働いています。
スマートフォンやカーナビ、医療機器などに使われる中小型サイズの液晶パネルを24時間体制で生産しています。

※ 2014年3月31日時点

今日は三重工場のエコの中でもイチ押しである水の有効活用についてわたしたちが紹介します。

三重環境安全推進センター
山本 理恵子(左:環境広報担当)
加藤 康良(右:水処理設備担当)
シャープが考える環境性能の基準についてご案内します。
持続可能な社会の実現に貢献するシャープのCSR
開発者インタビュー「聞いてなっとく!ココにもエコ」
  • ISO14001認証取得工場・オフィス一覧
エコも語っています!