排水をきれいに ① 空調用水

① 空調用水 ~放流しているのはどんな水?~

三重工場が放流しているのは、クーリングタワーなどの空調用の設備で使用した水です。
クーリングタワーとは、一部の水が熱を奪いながら蒸発することで残りの水が冷える原理を応用して、空調に使用する冷却水を作るための設備です。この冷却水を何度か使用した後、一部を入れ替え、佐奈川に放流しています。

① 空調用水 ~活性炭でもっときれいに~

空調用水は、薬品が混ざっていないので、そのまま放流しても問題ありませんが、活性炭でろ過することで、よりきれいに浄化して放流します。

① 空調用水 ~放流水の水質って大丈夫?~

放流水は、5つの水質指標※1について、自動測定装置を使い24時間監視されています。これらの指標について、地域と約束をした公害防止協定※2から、さらに厳しいシャープの自主基準値をクリアしていることを確認してから放流しています。

  • ※1 COD(化学的酸素要求量)、全窒素、リン、フッ素、pH(水素イオン濃度)
  • ※2 櫛田川の水を水道水としている、工場のある多気町と隣の松阪市とともに、法律よりも厳しい基準値を制定。

水質には絶対の自信があります

地域の方のアドバイスで2005年からアユの飼育を始めました。これまでにアユに異常が起こったことはありません。また、放流水の水質に関する苦情はなく、一瞬の隙もないように細心の注意を払っています。

シャープが考える環境性能の基準についてご案内します。
持続可能な社会の実現に貢献するシャープのCSR
開発者インタビュー「聞いてなっとく!ココにもエコ」
  • ISO14001認証取得工場・オフィス一覧
エコも語っています!